2018.9.12 05:05(1/2ページ)

平井堅の美声、「黄昏流星群」に降り注ぐ!連ドラ主題歌は17作目

平井堅の美声、「黄昏流星群」に降り注ぐ!連ドラ主題歌は17作目

切なくも力強い歌声で注目ドラマを彩ることが決まった平井。楽曲との相乗効果で高視聴率にも期待だ!

切なくも力強い歌声で注目ドラマを彩ることが決まった平井。楽曲との相乗効果で高視聴率にも期待だ!【拡大】

 歌手、平井堅(46)が10月11日スタートのフジテレビ系連続ドラマ「黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~」(木曜後10・0)の主題歌を務めることが11日、分かった。約10年前に書き下ろした未発表曲「half of me」(10月中旬配信)で、平井の真骨頂ともいえる切ないラブバラード。連ドラ主題歌は17作目となるラブバラードの名手が、禁断の愛を描くドラマに感動を呼び込む。

 楽曲は美しいピアノの旋律に、失恋した男性のリアルな思いを乗せた切ないラブバラード「half of me」。平井が悲恋ソングを発表するのは2012年の「告白」以来6年ぶりだ。

 もともと、この曲は08年に酒を飲みながら楽しめるコンセプトライブ「Ken’S Bar」の10周年を迎えた際、平井がライブのテーマ曲「even if」の続編として書き下ろした。

 今回、「黄昏流星群」の主題歌の依頼を受け、歌詞が禁断の恋を描いたドラマの世界観と合致することに加え、同ライブが今年20周年の節目を迎えたことに運命を感じ、同曲を提案したという。同ドラマの高田雄貴プロデューサーは「初めてこの曲を聴いたとき、広がる情景に心が震えました」と絶賛した。

 ドラマはエリート銀行員(佐々木蔵之介、50)が、献身的な妻(中山美穂、48)がいるにもかかわらず、独身女性(黒木瞳、57)と禁断の恋におぼれていく物語。

【続きを読む】

  • ドラマ「黄昏流星群」主演の佐々木蔵之介
  • 切なくも力強い歌声で注目ドラマを彩ることが決まった平井。楽曲との相乗効果で高視聴率にも期待だ!
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 平井堅の美声、「黄昏流星群」に降り注ぐ!連ドラ主題歌は17作目