2018.9.12 05:02

押切もえ、小説の出産シーン修正「当時は想像でしたが実際に経験」

押切もえ、小説の出産シーン修正「当時は想像でしたが実際に経験」

2005年のテレビ共演以来、姉妹のように仲の良い阿川(左)と押切は、一緒に“モデルポーズ”を披露しておどけた=東京・新宿区(撮影・三尾郁恵)

2005年のテレビ共演以来、姉妹のように仲の良い阿川(左)と押切は、一緒に“モデルポーズ”を披露しておどけた=東京・新宿区(撮影・三尾郁恵)【拡大】

 モデルで作家の押切もえ(38)が11日、連作短編小説「永遠とは違う一日」の文庫化を記念し、東京都内で作家の阿川佐和子(64)とトークショーを行った。

 2016年2月に発売され、第29回山本周五郎賞の候補作になった同作に加筆、修正した一冊。同11月にプロ野球・ロッテの涌井秀章投手(32)と結婚し、今年3月に第1子の男児出産を公表した押切は、修正部分について「出産のシーンは当時は想像でしたが、実際に経験したので」と明かした。

 画家としても活躍中で、肩書について悩むと、阿川が「その月に一番給料の良いものを肩書にしたらいい」と珍アドバイスして笑わせた。

  • 2005年のテレビ共演以来、姉妹のように仲の良い阿川(左)と押切=東京・新宿区
  • トークショーを行った押切もえ
  • 2005年のテレビ共演以来、姉妹のように仲の良い阿川(左)と押切=東京・新宿区
  • 2005年のテレビ共演以来、姉妹のように仲の良い阿川(左)と押切=東京・新宿区
  • 2005年のテレビ共演以来、姉妹のように仲の良い阿川(左)と押切=東京・新宿区
  • 2005年のテレビ共演以来、姉妹のように仲の良い阿川(左)と押切=東京・新宿区
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 押切もえ、小説の出産シーン修正「当時は想像でしたが実際に経験」