2018.9.12 14:07(1/2ページ)

メルセデス・ベンツ Sクラスにパワフルなディーゼルを積む「S 400 d」を追加設定

メルセデス・ベンツ Sクラスにパワフルなディーゼルを積む「S 400 d」を追加設定

メルセデス・ベンツ Sクラスにパワフルなディーゼルを積む「S 400 d」を追加設定

メルセデス・ベンツ Sクラスにパワフルなディーゼルを積む「S 400 d」を追加設定【拡大】

 メルセデス・ベンツの最高級セダン「S クラス」に、新型直列6気筒のクリーンディーゼルエンジン「OM656」が搭載された「S 400 d」「S 400 d 4MATIC」、全長が130mmストレッチされた「S 400 d ロング」「S 400 d 4MATIC ロング」の4モデルが追加されました。2018年9月10日から受注を開始し、今年10月頃からデリバリーが開始されます。

 現在のSクラスは、3.0L V6ガソリンツインターボ、4.0L V8ガソリンツインターボ、6.0L V12気筒のガソリンツインターボ、3.0Lの直列6気筒ツインターボに48Vマイルドハイブリッドシステムを組み合わせたISG搭載モデルなど、出力違いも含めると、多くのエンジンバリエーションが展開されています。

 冒頭で紹介した新規グレード「S 400 d」系の4モデルは、コンパクト設計の新型直列6気筒クリーンディーゼルエンジン「OM656」を搭載。高効率なだけでなく、欧州で導入されている「RDE(Real Driving Emission、実路走行試験)」規制に適合するなど、環境性能の高さも特徴としています。

 今回追加されたディーゼルエンジンの「OM656」は、「S 450」などに搭載される最新世代の直列6気筒エンジン「M256」などと基本設計を共有。マツダやボルボなど各自動車メーカーが注力している、いわゆるモジュラーコンセプトを採用。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. メルセデス・ベンツ Sクラスにパワフルなディーゼルを積む「S 400 d」を追加設定