2018.9.11 10:00(1/3ページ)

【科学特捜隊】自民党総裁選、重み増した「地方票」 新方式がドラマを生むのか

【科学特捜隊】

自民党総裁選、重み増した「地方票」 新方式がドラマを生むのか

特集:
科学特捜隊
2012年の総裁選は決選投票に持ち込まれ、安倍首相が石破氏を破った。石破氏は地方票で上回りながら党総裁になれなかった唯一の事例に

2012年の総裁選は決選投票に持ち込まれ、安倍首相が石破氏を破った。石破氏は地方票で上回りながら党総裁になれなかった唯一の事例に【拡大】

 サンケイスポーツ東京発刊55周年企画、第17回のテーマは20日に投開票される「自民党総裁選」だ。「議員票」の8割を固めた安倍晋三首相(63)=総裁=が、石破茂元幹事長(61)に圧勝すると伝えられているが、勝敗を左右するのは「地方票」。過去12回の総裁選のうち、11回を地方票トップの候補が制しているのだ。党則改正で今回さらに重要度を増した「地方票」のデータを分析する。 (取材構成・丸山汎)

 7日に告示された自民党総裁選。事実上、日本の首相を決める選挙は、党内7派閥のうち細田、麻生、岸田、二階、石原の5派閥(計257人)を確保した安倍首相が優勢。議員票405票の約8割に当たる336票を固めている。一方の石破氏は、自派や参院竹下派など46票。議員票だけでは完敗は避けられない。

 しかし、総裁選の行方を左右するのは「地方票」だ。党員・党友による予備選が初導入された1978年から、いきなり波乱を起こしている。

 優位とされた現職の福田赳夫氏が、大平正芳氏に予備選で敗れ本選辞退に追い込まれた。これが史上唯一の現職敗戦で、福田氏の「天の声にも変な声がある」との恨み節は、今も政界に名言となって残っている。

 また2001年には、大派閥の支持を得ていた橋本龍太郎氏を、小泉純一郎氏が“小泉旋風”で吹き飛ばした。地方票で123票を集めた小泉氏に対し、橋本氏は15票。大番狂わせを起こした。

【続きを読む】

  • 1978年の総裁選で、中曽根氏に支持を求める福田首相。笑顔で談笑も、結果は現職で初めて敗北を味わうことに
  • 2001年、小泉氏は地方票の87%を獲得し圧勝。議員票で不利とされた当初の予想を覆した
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 【科学特捜隊】自民党総裁選、重み増した「地方票」 新方式がドラマを生むのか