2018.9.11 10:00(3/3ページ)

【関西レジェンド伝】赤井英和(1)ブルース・リーにあこがれ便所蹴り壊す

【関西レジェンド伝】

赤井英和(1)ブルース・リーにあこがれ便所蹴り壊す

特集:
関西レジェンド伝
1歳半のころ。こんなかわいいときもあったんでっせ

1歳半のころ。こんなかわいいときもあったんでっせ【拡大】

 誰もが廊下でたばこを吸ってた時代。僕はショートホープ一筋。空手道場の帰りには、労働者のおっちゃんに誘われて立ち飲み屋でビール飲んどった。中3の終わり、就職するやつもけっこうおったけど、6歳上の兄に「なんや、浪高も行かれへんのか」と言われ、カチンときて勉強。私立浪速高校に受かった。

 合格発表の翌日、喫茶店で一服してたら、今宮中の2年先輩で浪速高ボクシング部の主将だった須藤雅彦先輩がいて「あした高校に来い」と。併願してた公立高の試験も残ってたんやけど…。その日から洗濯やらマウスピース洗いやら、させられてました。須藤先輩が怖すぎて2年生は全員退部して、1年生は僕1人だけ。これがボクシングとの出会いやった。

赤井 英和(あかい・ひでかず)

 1959(昭和34)年8月17日生まれ、59歳。大阪市出身。浪速高でボクシングを始め、近大在学中にプロ転向。「浪速のロッキー」の愛称で親しまれた。83年に初の世界タイトル戦に挑戦するも敗戦。85年に重傷を負い引退。プロ通算21戦19勝(16KO)2敗。引退後は俳優、タレントとして活躍する一方、2011年にアマチュアボクシング指導資格を取得した。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【関西レジェンド伝】赤井英和(1)ブルース・リーにあこがれ便所蹴り壊す