2018.9.11 20:00

山陽新幹線車内で発煙、緊急停車 充電用バッテリーが発火、シート一部が焦げる

山陽新幹線車内で発煙、緊急停車 充電用バッテリーが発火、シート一部が焦げる

 11日午後3時15分ごろ、兵庫県内を走行中だった東京発博多行き山陽新幹線のぞみ31号で「携帯電話のバッテリーが発火した」とJR西日本から110番があった。新幹線は緊急停車した。県警によると、女性客(33)のかばんにあった充電用バッテリーが発火したとみられ、女性は左足首に約10日のやけどを負った。

 JR西によると、のぞみ31号の1号車で別の乗客が非常ボタンを押し、午後3時5分ごろに西明石-姫路間で停車。その後、姫路駅まで走らせ、同駅で午後3時25分ごろに運転を打ち切った。

 県警によると、女性はバッテリーをナイロン製の手提げ袋に入れていて、携帯電話などには接続していなかった。付近の乗客が備え付けの消火器で消火。シートの一部が少し焦げたが、ほかの乗客約700人にけがはなかった。

 姫路駅ホームの売店の女性は「駅員や消防隊員に付き添われ、女性が車いすに乗って運ばれていった。険しい表情で、左足を手当てしていたようだった」と話した。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 山陽新幹線車内で発煙、緊急停車 充電用バッテリーが発火、シート一部が焦げる