2018.9.8 05:03(3/3ページ)

【ヒューマン】元光GENJI佐藤アツヒロ、二刀流で光る40代

【ヒューマン】

元光GENJI佐藤アツヒロ、二刀流で光る40代

特集:
TOKIO
SMAP解散
佐藤アツヒロが主演を務め初めて演出を手掛ける舞台「Sa Ga THE STAGE~七英雄の帰還~」

佐藤アツヒロが主演を務め初めて演出を手掛ける舞台「Sa Ga THE STAGE~七英雄の帰還~」【拡大】

 しかし、94年に大沢樹生(49)と佐藤寛之(47)が脱退し、95年にグループは解散。「僕は続けたかった」と当時を振り返った。

 22歳でソロで音楽活動を始めたが「めちゃめちゃ不安だった。世間は『光GENJIはもう古い』と。だから、“じゃない”ことをしようと思った」とローラースケートを封印。ロックスタイルを目指したものの「ファンの方がどんどん減って…。どうしていいかわからなかった」と迷走した。

 芸能界で生きる道を模索する中、26歳のとき、「ララバイまたは百年の子守唄」で舞台初出演。「真剣で温かくて、学校みたいにみんなで稽古して。その空間が心地よかった」。居場所を見つけた瞬間だった。

 舞台にシフトチェンジする中、後輩グループのSMAPやTOKIOが台頭。「僕は彼らと同世代で、たまたまデビューが早かっただけ。どんどん売れてうらやましかったけれど、焦りはなかった。僕も頑張らなきゃと」と刺激を受け、「『解散したら何もなくなる。絶対続けた方がいいよ』と伝えた」とアドバイスしたという。

 30代は舞台漬け、そして、今-。「40歳を迎えたときに、自分の好きなこと、ローラースケートとかファンの喜ぶことをやりたいと思った。まだ、50代の自分は想像できない。とりあえず48歳まで頑張ってから考えようと思います」。

 そう語る目は力強かった。

★理想の女性「楽しくて楽な人」

 独身の佐藤は今作で、谷口あかり(35)演じる女性との切ない恋愛模様も演じる。自身の結婚については「相手がいたら考えます」と仕事に集中したい様子。理想のタイプは「楽しくて楽な人がいいです」と語った。

佐藤 アツヒロ(さとう・あつひろ)

 本名・佐藤敦啓。1973(昭和48)年8月30日生まれ、45歳。神奈川県出身。86年にジャニーズ事務所入り。87年に光GENJIのメンバーとして、「STAR LIGHT」でデビュー。88年に「パラダイス銀河」で日本レコード大賞を受賞し、NHK紅白歌合戦には88年から6年連続で出場。95年9月にグループが解散後、同年12月に「RISKY LOVE」でソロデビュー。2000年以降は主に舞台俳優として活躍中。1メートル68。

  • 「SaGaTHESTAGE~七英雄の帰還~」日程
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【ヒューマン】元光GENJI佐藤アツヒロ、二刀流で光る40代