2018.9.8 05:03(1/3ページ)

性器のナイトスクープ本発売に間寛平が感服!初代P、研究に私財3000万

性器のナイトスクープ本発売に間寛平が感服!初代P、研究に私財3000万

あそこの名前にこだわり抜いた松本修氏(左)に、間寛平もア~メ~マ~(大阪市福島区)

あそこの名前にこだわり抜いた松本修氏(左)に、間寛平もア~メ~マ~(大阪市福島区)【拡大】

 ABCテレビの名物番組「探偵!ナイトスクープ」(金曜後11・17)の初代プロデューサー、松本修氏(68)が7日、大阪市内で著書「全国マン・チン分布考」(10月5日発売、集英社インターナショナル、税別1100円)の出版決定会見を行った。放送で扱えない“女陰・男根語”を研究するために23年をかけ、投じた私財は3000万円。応援に駆けつけたタレントで番組の迷探偵、間寛平(69)は「アホちゃうかと思たけど、男前やわ~」と“同級生”の執念に感服していた。

 女性器と男性器は日本全国でどう呼ばれているのか-。出会って47年、ナイトスクープの盟友が書いた“空前絶後の女陰・男根語大研究本”に寛平がギャグを忘れた。モンキーならぬ本気のPRだ。

 「23年間、3000万かけて、どぉ~すんの!? アホちゃうかて思たけど、男前やわ~。自分を守ってへん。捨て身や」

 松本氏は「探偵!ナイトスクープ」の創設者。アホとバカの境界線を探った1991年の番組企画を93年に「全国アホ・バカ分布考 はるかなる言葉の旅路」として書籍化している。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 性器のナイトスクープ本発売に間寛平が感服!初代P、研究に私財3000万