2018.9.7 21:21(2/2ページ)

世界で一台「デビルマン オロチ」のオーナーだけがわかる“デビルマンの傷跡”はどこだ?

世界で一台「デビルマン オロチ」のオーナーだけがわかる“デビルマンの傷跡”はどこだ?

特集:
カー情報
世界で一台「デビルマン オロチ」のオーナーだけがわかる“デビルマンの傷跡”はどこだ?

世界で一台「デビルマン オロチ」のオーナーだけがわかる“デビルマンの傷跡”はどこだ?【拡大】

 グラフィックデザインは「一目でデビルマンとわかるようなものにしました。ボンネットからルーフにかけてはデビルマンの顔とウイング、キャビン部分は目を、そしてドアのくぼみ部分は「デビルマン クライベイビー」の涙を表しました。ボディカラーの赤は「ブラッドレッド」で深い赤にし、デビルマンの黒の模様をグラデーションにしています。これは、デビルマンになる前の不動明(ふどうあきら)のざわざわ感を表現したものです。そして内装にはオーナーだけがわかるグラフィックを施しました」とのこと。

 実は私、こっそりそのグラフィックがどこにあるか聞いちゃいました! でもオーナーさんだけの秘密にしたいという青木氏からの要望により、私の胸に収めておきます。どこかに「傷跡」があるそうですが・・・それはオーナーさんが見つけてください!

 「デビルマン オロチ」の申し込みは2018年9月8日(土)~2018年11月15日(木)まで光岡自動車の専用ウェブサイトにて受付。応募者多数の場合は抽選となります。

 価格は今から50年前にちなんだ・・・だけではないそうですが、1968万円(消費税込み)。

 オロチはすでに新車販売を終了しているため、光岡自動車にあったものが使われているそうです。

 また、実車は9月7~11月12日まで、全国の光岡のショールームをめぐったり、9月15~17日まで大阪文化会館で開催される「永井Go展」などに展示されるそうなので、ご興味のある方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 私はオリジナルの「デビルマン」と最新作「デビルマン ベイビー」はもちろん、永井先生が描かれた「マジンガーZ」や「キューティハニー」、「ドロロンえん魔くん」も見たくなりました。(吉田 由美)

  • 世界で一台「デビルマンオロチ」のオーナーだけがわかる“デビルマンの傷跡”はどこだ?
  • 世界で一台「デビルマンオロチ」のオーナーだけがわかる“デビルマンの傷跡”はどこだ?
  • 世界で一台「デビルマンオロチ」のオーナーだけがわかる“デビルマンの傷跡”はどこだ?
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 世界で一台「デビルマン オロチ」のオーナーだけがわかる“デビルマンの傷跡”はどこだ?