2018.9.4 10:00

妊娠後期も席を譲られない因果応報!?

妊娠後期も席を譲られない因果応報!?

特集:
女子社員コラム 言わせて系

 【女子社員コラム 言わせて系】妊娠後期に入った記者のおなかは、日に日に風船のようにパンパンに膨らんできた。足元が見えにくくなり、ちょっとの坂道でも息がゼイゼイする。おなかが重く、眠るときも上を向いて寝られないほど。生まれるまでのあと2カ月弱は、この症状がどんどんひどくなると思うと憂鬱だ。

 今、一番嫌なのは電車に乗ること。朝も夜も、優先席に座っている人が席を譲ってくれたことはまずない。みんな疲れているのだろう。だいたい寝ている。大きなおなかを抱えてハアハア言っていたって、気がつきやしない。

 心の中で「譲ってくれてもいいのに」と悪態をつきながら、自分も優先席に座って寝たふりをしたことがあるから何も言えない。「座るために何分も並んだのだから」と、何かと理由をつけて目を閉じていたことがある。因果応報、自業自得? 仕方がない。

 ベビーカーで電車に乗ったり、泣いている子供を抱っこして飛行機に乗れば、日本では周囲の人はたいてい嫌な顔をする。妊娠中ももちろん、子育て中の母親にも日本は生きにくい社会だと思う。少子化を問題視し、女性に働けというこの国は、一体どこを見ているのか。生まれてくる子供が同じ思いをしなければいいと願っている。(角かずみ)

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 妊娠後期も席を譲られない因果応報!?