2018.9.4 10:00(2/3ページ)

【関西レジェンド伝】正司歌江(5)社長に直訴し照枝と花江の3人「三婆」誕生

【関西レジェンド伝】

正司歌江(5)社長に直訴し照枝と花江の3人「三婆」誕生

特集:
関西レジェンド伝
かしまし娘“解散”後、高野山で得度を受けた

かしまし娘“解散”後、高野山で得度を受けた【拡大】

 松竹芸能の勝忠男社長とは、かしまし娘をやめなさいと言われてからずっとお会いしてなかったんですが、95年の阪神・淡路大震災のとき、芦屋(兵庫県)に住んでいた勝社長は家がつぶれてホテル住まいだと聞いた。心配になったので、手紙を書いたんです。勝社長からも連絡がきて、久しぶりにお会いした。

 何がしたいんやと聞かれ、「照枝と花江の3人で『三婆』をやりたい」と訴えました。有吉佐和子先生の小説が原作の舞台です。東宝の作品なので松竹でやるのは無理なんですが、勝社長が手配してくれて有吉先生の娘さんにも了解をもらってくれました。

 東京の山の手が舞台なのを帝塚山に変えて、せりふも大阪弁に直した。おかげさまで評判がよく、各地を巡業しました。その後、年に1回はかしまし娘の3人で芝居の1カ月興行をやるように。人の縁というものは本当に大切です。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【関西レジェンド伝】正司歌江(5)社長に直訴し照枝と花江の3人「三婆」誕生