2018.9.2 11:00(3/3ページ)

【大河のころ 西田敏行(1)】上野公園の銅像に風貌近づけ「ご存じ、西郷隆盛」

【大河のころ 西田敏行(1)】

上野公園の銅像に風貌近づけ「ご存じ、西郷隆盛」

特集:
大河のころ
西田敏行が出演した大河ドラマ

西田敏行が出演した大河ドラマ【拡大】

 彼は戦友ですよ。鹿児島のロケでは(繁華街の)天文館の辺りで飲んで薩摩ラーメンを食って、いろいろ語ったね。鹿児島の風や土、空気の匂いのおかげで、すんなり役に入れました。タクシーに乗っていても、運転手さんが薩摩なまりでしょ。故郷へ帰ってきた懐かしさを覚えました。

 あの1年間は福島県人を捨てて、鹿児島県人でした。(9日付に続く)

翔ぶが如く

 1990年放送。作家、司馬遼太郎の同名小説が原作。征韓論に端を発した1873(明治6)年の政変から77(明治10)年の西南戦争までを大河初の二部構成「幕末編」「明治編」で描いた。西郷隆盛と大久保利通役の西田、鹿賀のW主演も話題になった。平均視聴率は23.2%、最高視聴率は29.3%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

西田敏行(にしだ・としゆき)

 1947(昭和22)年11月4日生まれ、70歳。福島県出身。俳優を志し15歳で上京。明大を「1日出席しただけ」で中退。70年に青年座入り。73年、NHK連続テレビ小説「北の家族」に出演し、80年のドラマ「池中玄太80キロ」で人気に。代表作にミュージカル「屋根の上のヴァイオリン弾き」、映画「釣りバカ日誌」など。2008年に紫綬褒章、18年には旭日小綬章受章。74年に結婚した夫人との間に2女。

  • 鹿児島ロケで撮影された西郷と大久保の別れのシーン。西田(左)と鹿賀(右)は迫真の演技を見せた=1990年7月撮影
  • 上野公園の銅像
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【大河のころ 西田敏行(1)】上野公園の銅像に風貌近づけ「ご存じ、西郷隆盛」