2018.8.31 14:06

マック赤坂氏「セクハラ冤罪に遭っている」 準強姦と脅迫容疑を否認

マック赤坂氏「セクハラ冤罪に遭っている」 準強姦と脅迫容疑を否認

特集:
わいせつ事件簿
マック赤坂氏

マック赤坂氏【拡大】

 酒に酔った40代女性に乱暴したなどとして、警視庁赤坂署に準強姦と脅迫の疑いで、書類送検された自称会社役員のマック赤坂氏(69)が31日、自身のツイッターを更新。「天地天命に誓って私は犯罪行為を犯しておりません」と、容疑を否認した。

 赤坂氏は「マック赤坂に関する一連のニュースに関して」と題し、声明文を投稿。「2年以上前の平成28年4月、私がある女性を酒に酔わせた上、同意なく関係をもったかのような報道が各社よりなされております。しかし、私と女性の間にあったことは、合意に基づく独身の男女の恋愛関係であって、法に触れるような事実は一切ありません。関係を持った3か月後も東京都知事選に立候補した際、選挙のポスター貼りを手伝っていただくなどご協力をいただきお互いの関係に否定的なやりとりはありませんでした」と説明した。

 その上で、「しかし半年以上たってから、女性の態度が急変し、被害届がなされ、送検にいたったことは事実ですが、女性側の一方的なご主張に基づくものです。警察には冤罪であることをきちんとご説明し、捜査には誠実に対応してきました。今後、検察においても真実に基づいた正しい判断が下されると信じております」と冤罪(えんざい)であることを主張した。

 そして、「女性側の一方的な被害届の内容をあたかも事実であったかのように報道された場合、最終的に罪となる事実はないという判断がなされても、毀損された名誉の回復は難しく、政治活動を志してきた人間にとって大きな痛手であると考えております。報道各社には報道の自由があることは当然のことですが、上記の点に配慮し、節度ある報道をされることを望みます」と報道各社に呼びかけた。

 最後に赤坂氏は、「弱者救済の観点からセクハラ冤罪に遭っている男性がいることも忘れないでください」と冤罪であることを強調。「支援者の皆様に、事実無根とはいえ不安を与えてしまったことを重ねて深くお詫びいたします」とコメントした。

 赤坂署によると、女性は事件前、東京都港区の飲食店でマック赤坂氏と支援者らの懇親会に出席し飲酒。女性は酔い、気付いたときには同氏の自宅にいたという。送検容疑は2016年4月、自宅で酒に酔って抵抗できない状態の女性に乱暴し、9月には「ビデオに録画している」と言って脅した疑いがもたれている。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. マック赤坂氏「セクハラ冤罪に遭っている」 準強姦と脅迫容疑を否認