2018.8.31 15:25(2/3ページ)

上川隆也と愛犬ノワール「遺留捜査」で共演してほしい/芸能ショナイ業務話

上川隆也と愛犬ノワール「遺留捜査」で共演してほしい/芸能ショナイ業務話

特集:
芸能ショナイ業務話
上川隆也と愛犬「ノワール」

上川隆也と愛犬「ノワール」【拡大】

 非常におとなしく、周囲に迷惑をかけないノワールは、上川と一緒に映画に出演したり、トーク番組「徹子の部屋」にも出演。特技は、大好物のジャーキーを口にくわえながら、マテができること(食欲をコントロールすることは犬にとって至難の業)で、同番組でもいろいろな特技を披露した。上川の指示に的確に答えるノワールに、司会の黒柳徹子も「こんなにおとなしい犬は初めて!」と感心したほどだ。

 「ペットと私」の撮影でもノワールのパーフェクトさに驚いた。私有地の竹林を借りて撮影したのだが、上川の足並みにそろえ、「おいで」「おすわり」など俊敏に反応。さらに大サービスで、立ち上がって前足を動かす「おねだりポーズ」を披露してくれた(動画じゃなくて本当にすいませんでした)。

 常に上川を見つめ、ご主人様が何を求めているかを察知するけなげな姿に胸をキュンとさせられるほどだった。

 そんな上川も彼女にゾッコンで、愛犬家らしい気遣いがたっぷり。猛暑の京都だっただけに、撮影時間も日が暮れかけた夕方を選び、マネジャーさながらポーズを取る彼女をじっと見守り続けていた。年と取れば取るほどノワールがかわいくなるそうで「この子の命の足並みにそろえて併走していきたい」としみじみ話していた。

 映画でもトーク番組でも“NGなし”の忠犬だけに、いつか「遺留捜査」シリーズでも共演してもらいたいと上川に伝えると、「そんな、おこがましいです」と飼い主も愛犬に負けず謙虚そのもの。最近の警察犬は、“定番”のシェパードやドーベルマンなどに限らず、チワワやトイプードルなども活躍している。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 上川隆也と愛犬ノワール「遺留捜査」で共演してほしい/芸能ショナイ業務話