2018.8.31 15:25(1/3ページ)

上川隆也と愛犬ノワール「遺留捜査」で共演してほしい/芸能ショナイ業務話

上川隆也と愛犬ノワール「遺留捜査」で共演してほしい/芸能ショナイ業務話

特集:
芸能ショナイ業務話
上川隆也と愛犬「ノワール」

上川隆也と愛犬「ノワール」【拡大】

 8月12日に掲載した「ペットと私」で俳優、上川隆也と愛犬、ノワールを取材した。

 放送中のテレビ朝日系主演ドラマ「遺留捜査」(木曜後8・0)のロケ先だった京都に“夏休み”で遊びに来ていた愛犬を紹介してもらった。

 フランス語で「黒」を意味するノワールと名付けられた8歳のメスの犬は、その名の通り、艶やかな真っ黒な毛色を持つミックス犬。イキイキとした目に力があり、見るからに“賢い”と分かる聡明(そうめい)な顔つきが印象的だった。

 保護犬だったノワールは、2010年に上川と出会った。おそらく野良犬だった母から生まれ、兄弟3頭とともに保健所に保護された彼女は、近寄った上川の顔をつぶらな瞳でペロリとひとなめ。その子犬のあまりのかわいらしさに上川は「運命の出会い」を確信し、家族として迎えることになったという。

 “控えめ”にアピールしてご主人さまをメロメロにさせたように、大人になったノワールも穏やかでけなげな性格だった。

 ムダ吠えすることもなく、「ワンと言うのも一年に一回くらい」というように、持って生まれた賢さで上川の“仕事の空気”も読むそうだ。

 撮影中の待ち時間に、車で待機している愛犬に会いに行くと、彼女は上川に余計な気を使わせないように、あえて立ち上がらず瞳と尻尾で“愛情”を伝えるが、「その日の撮影が終わって車に戻ると、必ず立ち上がって体をすり寄せてきます。僕の仕事の状況でそれを使い分けていますね」と上川。ご主人様のオンとオフを“嗅ぎわけ”、たっぷり甘えていい時間を見極めているというから、人間の女性でいえば、まさに良妻賢母タイプといえる。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 上川隆也と愛犬ノワール「遺留捜査」で共演してほしい/芸能ショナイ業務話