2018.8.30 01:00

外務省、北朝鮮で拘束の杉本氏から事情聴取

外務省、北朝鮮で拘束の杉本氏から事情聴取

 外務省は29日、北朝鮮で一時拘束された杉本倫孝氏から事情を聴取した。日本政府関係者が明らかにした。北朝鮮国内での行動内容や拘束中に北朝鮮側から質問された内容について30日以降も詳細に聴取する方針だ。

 関係者によると、杉本氏はこれまでも複数回にわたり北朝鮮入りしていたという。今回の北朝鮮訪問では、港湾施設やダムを撮影していたとの情報もある。

 杉本氏は今月上旬、北朝鮮に観光客として入国した後、北朝鮮に拘束されて国外追放となり、28日に帰国した。

 大菅岳史外務報道官は29日の記者会見で、報道各社に北朝鮮への渡航自粛を改めて呼び掛けた。9月9日の北朝鮮の建国70周年記念日に多くの記者らが訪朝を希望していると指摘した上で「適切な対応を行ってもらいたい」と強調した。

 外務省は29日、報道機関向けに「わが国は北朝鮮と国交を有しておらず、北朝鮮で事件・事故に遭った場合、十分な対応を取るのは困難だ」とする注意喚起文も発表した。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 外務省、北朝鮮で拘束の杉本氏から事情聴取