2018.8.30 05:05(1/2ページ)

あいにゃんブチ上げた!“元NMB6”で駅伝てっぺん穫りプラン

あいにゃんブチ上げた!“元NMB6”で駅伝てっぺん穫りプラン

NMB48ドリームチームの招集をぶち上げた福本愛菜。実現するのか? ファンは期待してるで!(大阪市中央区、撮影・岡本義彦)

NMB48ドリームチームの招集をぶち上げた福本愛菜。実現するのか? ファンは期待してるで!(大阪市中央区、撮影・岡本義彦)【拡大】

 「フジパンPresents淀川寛平マラソン2019」の開催発表会見が29日、大阪市内で行われ、元NMB48で吉本新喜劇の福本愛菜(25)が駅伝(6区間、約36キロ)でNMB48の卒業メンバーによるドリームチームを結成するとブチ上げた。ホンマに実現したらファン感涙ものの仰天プランだ。昨年、道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑いで逮捕されたガリガリガリクソン(32)も駅伝に出場。「チーム寛平」のアンカーとして“みそぎラン”に挑むことを宣言した。

 3月3日のひな祭り開催にふさわしい夢プランだ。NMB48から吉本新喜劇入りしたあいにゃんが、ドリームチームの結成を宣言した。

 「女の子が主役の日。チーム寛平でももちろん出たいんですけど、女子ばっかりのチームをつくりたくって。私を筆頭にNMBを辞めた子を誘いたい。いま、誘いました。公開オファーです」

 ざわつく報道陣を前に「私を入れて6人ちょうどなんですよ」と名前を挙げたのは、卒業を発表したばかりの山本彩(25)をはじめ、すでに卒業している山田菜々(26)、渡辺美優紀(24)、門脇佳奈子(21)、須藤凜々花(21)の、いずれも人気を誇ったOG勢だ。

 過去の寛平マラソンでは、レースに走るだけでなく、ステージで進行アシスタントなども務めてきた大会のマドンナ。実績を買われ、たむけんからはチーム寛平の紅一点として駅伝参戦を命じられていた。

【続きを読む】

  • 山本彩
  • 記者会見する福本愛菜
  • 記者会見する福本愛菜
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. あいにゃんブチ上げた!“元NMB6”で駅伝てっぺん穫りプラン