2018.8.30 05:10

古今亭駒治らが新真打昇進披露会見「新作落語1本でやっています」

古今亭駒治らが新真打昇進披露会見「新作落語1本でやっています」

「落語協会」の新真打昇進披露会見に出席した(左から)駒次改め古今亭駒治、さん若改め柳家小平太、花ん謝改め柳家勧之助、たこ平改め林家たこ蔵、ちよりん改め古今亭駒子=東京・上野公園

「落語協会」の新真打昇進披露会見に出席した(左から)駒次改め古今亭駒治、さん若改め柳家小平太、花ん謝改め柳家勧之助、たこ平改め林家たこ蔵、ちよりん改め古今亭駒子=東京・上野公園【拡大】

 落語協会所属の駒次改め古今亭駒治(39)、さん若改め柳家小平太(49)、花ん謝改め柳家勧之助(36)、たこ平改め林家たこ蔵(39)、ちよりん改め古今亭駒子(45)が29日、東京都内で行われた新真打昇進披露会見に出席した。

 今年1月に師匠の志ん駒(享年81)が他界した駒治は「新作落語1本でやっています。鉄道好きで鉄道の落語をやっています」とPR。

 師匠の柳家さん喬(70)から「ロックをやっていたから、リズム感を備えている」と言われた小平太は「私の落語を聞いた皆さんが良い気持ちになってくれれば」と話した。

 柳家花緑(47)門下の勧之助は「師匠のか、と大師匠(二代目柳家小さん)のん、を勧(かん)にあてました。多くの人に落語を勧められるようになりたい」と気合十分。

 師匠、林家正蔵(55)から「うちのかみさんが初めて『入れないで』と。ふにゃふにゃしていて気持ち悪かったらしい」と紹介されたたこ蔵は、「師匠のように街を歩いていても声を掛けてもらえるような落語家になりたい」と誓った。

 紅一点の駒子は、古今亭菊千代(62)が師匠。初の女性師匠から女性落語家誕生に「師匠の元でなければきょうの日を迎える事はできなかった。広い心で許してもらったところがある」と感謝した。

 披露興行は、東京・上野の鈴本演芸場(9月21~30日)を皮切りに、東京・新宿末廣亭(10月1~10日)、東京・浅草演芸ホール(同11~20日)、東京・池袋演芸場(同21~30日)、東京・国立演芸場(11月1~10日)で行われる。

  • 「落語協会」の新真打昇進披露会見に出席した(前列左から)柳亭市馬落語協会会長、駒次改め古今亭駒治、さん若改め柳家小平太、花ん謝改め柳家勧之助、たこ平改め林家たこ蔵、ちよりん改め古今亭駒子(後列左から)古今亭志ん橋、柳家さん喬、柳家花緑、林家正蔵、古今亭菊千代=東京・上野公園
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 古今亭駒治らが新真打昇進披露会見「新作落語1本でやっています」