2018.8.27 05:04(1/2ページ)

GLAY、5年越しリベンジ!故郷・函館2日で5万人を“誘惑”

GLAY、5年越しリベンジ!故郷・函館2日で5万人を“誘惑”

故郷愛があふれたステージでファンを歓喜させたGLAYの(左から)HISASHI、JIRO、TERU、TAKURO=北海道・函館市(Photo by岡田裕介/田辺佳子)

故郷愛があふれたステージでファンを歓喜させたGLAYの(左から)HISASHI、JIRO、TERU、TAKURO=北海道・函館市(Photo by岡田裕介/田辺佳子)【拡大】

 ロックバンド、GLAYが26日、北海道・函館市の緑の島野外特設ステージで5年ぶりとなる大型野外ライブを行った。メンバー4人が高校卒業まで暮らした故郷で、前日25日と合わせ同市史上最大規模の5万人を動員。経済波及効果は50億円以上とも言われ、北海道命名150周年の節目の年に故郷に錦を飾ったボーカルのTERU(47)は「函館で一番大きい野外ライブができるのは本当に誇らしい」と感激した。

 カリスマバンドが函館湾に浮かぶ人工の島に5年ぶりに帰ってきた。

 2013年7月以来2度目の凱旋野外公演。前回は土砂降りの雨に見舞われたが、この日は真っ青な空に函館山がそびえ立つ美しい風景に囲まれ、TERUは「ようこそ函館へ! この景色をみんなに見せたかった」と感無量。ギターのHISASHI(46)も「音楽と出会わせてくれた函館の地でこんな大きなイベントができるのが幸せ」と喜んだ。

 函館はメンバー全員が高校卒業まで暮らした“原点”の地。ライブは日本音楽界を代表するバンドへと成長した4人が故郷への恩返しを込めて計画し、今年の北海道命名150周年事業の一環として実現した。

 HISASHIとリーダー、TAKURO(47)の母校・北海道函館稜北高の生徒も招待するなど、13年と同じく2日間で5万人を動員。関係者によると、イベントの経済波及効果は50億円以上だ。

【続きを読む】

  • GLAYのJIRO(Photoby岡田裕介/田辺佳子)
  • GLAYのTERU
  • GLAYのHISASHI(Photoby岡田裕介/田辺佳子)
  • GLAYのTAKURO(Photoby岡田裕介/田辺佳子)
  • GLAYのTERU(Photoby岡田裕介/田辺佳子)
  • GLAYのTAKURO(Photoby岡田裕介/田辺佳子)
  • GLAY函館ライブ
  • GLAY函館ライブ(Photoby岡田裕介/田辺佳子)
  • GLAY26日公演セットリスト
  • 会場
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. GLAY、5年越しリベンジ!故郷・函館2日で5万人を“誘惑”