2018.8.23 08:00

アンジェラ芽衣、オーディションの日本人代表審査員務める「私も見習わなきゃなと思いました」

アンジェラ芽衣、オーディションの日本人代表審査員務める「私も見習わなきゃなと思いました」

「中国モデルデビューオーディション」に日本人モデル・代表審査員としての出席したアンジェラ芽衣

「中国モデルデビューオーディション」に日本人モデル・代表審査員としての出席したアンジェラ芽衣【拡大】

 人気モデルでタレント、アンジェラ芽衣(21)が、20日に東京・港区の八芳園で行われた「中国モデルデビューオーディション」の第3次審査に日本人モデル代表審査員として出席した。

 日中平和友好条約締結40周年認定事業として、中国の人気女性ファッション誌「瑞麗」とスーパーモデル協会が開催。6月から半年かけて行われ、約5000人の日本人応募者の中から中国でモデルデビューを飾る5人を選ぶ。

 同オーディションの日本人代表アンバサダーを務めるアンジェラは、セミファイナリスト40人を選ぶ第3次審査の審査員にも抜てきされ、「私自身、モデルとしてまだまだだと思っているのでとても光栄でした」と感謝。普段とは違って見る側になったことについては「自分がステージの上で感じている以上に、ステージってとても輝いているんだなって思いましたし、思っている以上にウオーキングの善しあしを感じられるんだな…とも思いました」とコメントした。

 印象に残ったことは「ステージから見えなくなるその時まで、気を抜かずに100%の状態で歩いている女の子もいて、私も見習わなきゃなと思いました」と勉強になった様子。自身は東京ガールズコレクションなどの出演を控えており、「今回ステージを堂々と胸を張って笑顔で歩く皆さんを見て、私も自分の出番が待ち遠しくなりました」と気持ちを新たにしていた。

  • 「中国モデルデビューオーディション」に日本人モデル・代表審査員としての出席したアンジェラ芽衣
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. アンジェラ芽衣、オーディションの日本人代表審査員務める「私も見習わなきゃなと思いました」