2018.8.20 16:19

「悪魔の母」製造疑い、19歳少年逮捕 愛知県警

「悪魔の母」製造疑い、19歳少年逮捕 愛知県警

 「悪魔の母」の異名を持ち、実際にテロでも使用される高性能爆薬「TATP(過酸化アセトン)」を製造したなどとして、愛知県警捜査1課は20日、爆発物取締罰則違反(製造、所持)などの疑いで、名古屋市緑区の大学生の少年(19)を逮捕した。今年3月に同市名東区の公園で爆発があり、捜査していた。

 逮捕容疑は、2016年12月22日、当時居住していた名東区内の自宅で、過酸化アセトンを製造、18年3月19日に同区内の公園で所持するなどした疑い。

 過酸化アセトンは、過激派組織「イスラム国」(IS)が用いることで知られるほか、15年のパリ同時多発テロ、16年のベルギー同時テロでも使われたとされ、市販の薬品が原材料という。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 「悪魔の母」製造疑い、19歳少年逮捕 愛知県警