2018.8.19 05:05(1/2ページ)

竹下景子の長男・関口まなと、『渡鬼』でドラマデビュー「光栄」

竹下景子の長男・関口まなと、『渡鬼』でドラマデビュー「光栄」

「渡鬼」で藤田(右)とピン子(中央)を相手に堂々とした演技を見せたまなと

「渡鬼」で藤田(右)とピン子(中央)を相手に堂々とした演技を見せたまなと【拡大】

 写真家、関口照生氏(79)と女優、竹下景子(64)夫妻の長男で俳優、関口まなと(32)が9月17日放送のTBS系「渡る世間は鬼ばかり」(後8・0)でドラマデビューすることが18日、分かった。15歳で渡英し、13年間にわたって海外の舞台などで経験を積んだ実力派。飛躍のきっかけとなる国民的ドラマ出演に「責任感を持ってやらなければ」と燃えている。

 母の面影をほうふつさせる甘いマスクと柔らかい雰囲気。

 28年の歴史を誇る「渡鬼」の出演が決まったまなとは、「誰もが知っている作品に新しいメンバーとして出られて光栄。(脚本家の)橋田壽賀子先生が込めたメッセージをしっかり伝えたい」と力を込めた。

 主演の泉ピン子(70)らが演じる五人姉妹の夫婦関係を描く今作。まなとは五女・長子(藤田朋子、53)の夫で医師の英作(植草克秀、52)に弟子入り志願する外科医役で出演する。台本1ページにも及ぶ長せりふにも挑戦。事前に医療の現状や医師の体験談を取材しており、「せりふに実感が持てました」と役作りはバッチリだ。

 もともと海外で俳優の勉強をした実力派。15歳のとき「英語が話せると仕事の選択が広がる」という父の考えで高校進学のため単身渡英。英ロンドン大に進み、心理学を学ぶ一方、演劇のワークショップに参加するうちに幼い頃の俳優への憧れが再燃した。

【続きを読む】

  • 堂々とした演技を見せたまなと
  • 竹下景子
  • 写真家、関口照生氏
  • 兄弟で活躍する主な二世俳優
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 竹下景子の長男・関口まなと、『渡鬼』でドラマデビュー「光栄」