2018.8.18 19:38

アナン元国連事務総長死去 協調外交でノーベル平和賞

アナン元国連事務総長死去 協調外交でノーベル平和賞

2001年12月、オスロで行われたノーベル平和賞授賞式で、賞とメダルを手にするアナン国連事務総長。右は韓昇洙・国連総会議長(ロイター)

2001年12月、オスロで行われたノーベル平和賞授賞式で、賞とメダルを手にするアナン国連事務総長。右は韓昇洙・国連総会議長(ロイター)【拡大】

 国連によると、米中枢同時テロやイラク戦争など世界が大きく揺れた1997~2006年に国連トップの事務総長を務め、01年にノーベル平和賞を受賞したコフィ・アッタ・アナン氏が18日、スイスで死去した。80歳だった。死因は明らかになっていない。

 アフリカ出身の事務総長として弱者や人権に重きを置く国連の基礎的な価値観を重視。グローバル化の中、国連を軸にした協調外交を進めた点が評価されノーベル平和賞を受賞、03年に始まった米国主導のイラク戦争には一貫して反対した。

 政治家や外交官ではなく一線の国連職員から初めてトップに上り詰めた「たたき上げ」として、職員の信頼は厚かった。

 1938年4月、ガーナ生まれ。62年に国連事務局入りし、国連平和維持活動(PKO)担当事務次長や旧ユーゴスラビア担当国連特別代表などを務め、97年に事務総長に就任した。(共同)

  • 2000年10月、国連難民高等弁務官事務所の執行委員会の開会前に、緒方貞子高等弁務官(右)と談笑するアナン国連事務総長=ジュネーブ(AP)
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. アナン元国連事務総長死去 協調外交でノーベル平和賞