2018.8.17 13:06

救急車、搬送先間違え病院到着遅れる 80代男性死亡

救急車、搬送先間違え病院到着遅れる 80代男性死亡

 秋田県大仙市の大曲仙北広域市町村圏組合消防本部の救急車が搬送先の病院を間違え、80代の男性が死亡していたことが17日、分かった。救急隊員が男性の自宅近くの大仙市の病院ではなく、誤って同じ系列の秋田市の病院に受け入れ要請していた。大仙市の病院へ搬送したことで秋田市への到着が44分遅れた。

 同本部によると、12日午後、大仙市の男性が呼吸困難となり、通報を受けた救急隊員が駆け付けた。携帯電話で受け入れ先の病院を探し、大仙市の病院へ搬送したところ、病院側から「連絡を受けていない」と言われ、誤って秋田市の病院に連絡したことに気付いた。

 男性は、秋田市の病院に到着した約15時間後、亡くなった。

 鈴木良則消防長は「搬送の遅延を心からおわび申し上げる。再発防止に努め、信頼回復に全力で取り組む」とコメントした。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 救急車、搬送先間違え病院到着遅れる 80代男性死亡