2018.8.14 10:00(1/2ページ)

【関西レジェンド伝】正司歌江(2)妹・照枝とコンビ「天才少女漫才」

【関西レジェンド伝】

正司歌江(2)妹・照枝とコンビ「天才少女漫才」

特集:
関西レジェンド伝
次女の照枝(左、当時は照江)と漫才コンビを結成。男の子の格好で舞台に立った

次女の照枝(左、当時は照江)と漫才コンビを結成。男の子の格好で舞台に立った【拡大】

 私が7歳のころ漫才コンビを組んでいた都上英二さんが結婚して上京したため、漫才を仕込まれていた私と次女の照枝(当時は照江)でコンビを組むことになりました。そのうち、大阪の新興演芸に声をかけられ、千日前のアシベ劇場で初舞台。いまのビックカメラなんば店の近くでサウナがある所です。

 すごいウケた。そりゃ、小さい女の子が男の子の格好して三味線とギターをやるもんだから、お客さん喜んで。初めて浴びた歓声と拍手がすごく大きな音で、びっくりして泣きそうになった。1941(昭和16)年、私が11歳、照枝が7歳のとき。家族で十三に引っ越しました。

 「天才少女漫才」と評判になりましたね。ネタは出たとこ勝負。照枝はもう、私のことをめちゃくちゃ言うしね。そのかわり、気分が乗らないとしゃべってくれない。私が1人でしゃべってるときもありましたよ。私たちが男の子の格好をしていたのはなぜかというと、女の子の着物はお金がかかるから。男性の衣装だと、ネクタイさえ換えればなんとかなるので、金がかからないんです。

 その頃は、夢路いとし・喜味こいし(当時は荒川芳博・芳坊)が子役の兄弟漫才で人気。電車の中でばったり会い、えらそうにお互いにらみ合っていた思い出があります。いとこいさんとは長い付き合い。私たち姉妹のけんかを止められるのはこいしさんしかいなかった。2011年にこいしさんが亡くなるとき、最期に会いたい人はと聞かれ、「うっちゃんに会いたい」と言ってくれたそうで。病院へ会いに行きましたよ。亡くなる3日前でした。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【関西レジェンド伝】正司歌江(2)妹・照枝とコンビ「天才少女漫才」