2018.8.12 11:00(2/3ページ)

【ペットと私】上川隆也の心優しい“愛娘”ノワール、「遺留捜査」ロケの癒やしに

【ペットと私】

上川隆也の心優しい“愛娘”ノワール、「遺留捜査」ロケの癒やしに

特集:
ペットと私
「遺留捜査」のロケ現場でノワールとポーズを決める劇中衣装の上川。愛犬とは2015年の映画「犬に名前をつける日」で共演しており、ドラマに登場しても不思議じゃない!?=京都市内(撮影・寺口純平)

「遺留捜査」のロケ現場でノワールとポーズを決める劇中衣装の上川。愛犬とは2015年の映画「犬に名前をつける日」で共演しており、ドラマに登場しても不思議じゃない!?=京都市内(撮影・寺口純平)【拡大】

 おそらく野良犬だった母犬から生まれ、生後3カ月ほどで兄弟と保護されたノワール。雑種のためどこまで大きくなるか分からない不安もあり、誰とでも上手に付き合える犬に育てようと2カ月間訓練所に預けた。

 その間、愛犬の不在に耐えられなかったのは上川の方で「仕事があるのに週一ペースで会いに行った」と照れる。

 大人しく賢い犬は競技会に参加するほど成長。生来の気質もあり、とても我慢強い子に育ったからこそ「なるべく一人にさせたくない」と思った。11年に東日本大震災が発生した時、上川と妻はそれぞれ仕事で外出していた。急いで家に戻ると、ケージの中で必死に耐えて待つ愛犬の姿に心がギュッとなった。

 「幸い無事だったけど、珍しくおしっこをチビって…。ノワは感情を大きく表現しないけど、一人で被災して本当に不安だったと思う。その夜、妻と3人で川の字になって寝た時、ようやく安心して眠る姿を見て、彼女なりに苦労して留守番しているんだな、と思った」と振り返る。

 震災を機に、できるだけ一緒に過ごせる時間を作ろうと決めた。大切に守られてきたノワールは今年8歳になり、「遺留捜査」に奮闘する上川がいる京都で“夏休み”を穏やかに楽しんでいる。

 シニアに突入した“娘”に「ここ2、3年、謙虚な彼女がより甘えるようになってきたのがうれしい。そばにいようとする感じが以前より増えて、信頼の具現なのかな」と目を細める。「出会いも含めて、彼女は賜り物。この子の命の足並みにずっと併走していきたい」と人もまた犬に寄り添っている。

 ツーショット撮影の後、ノワールのみでカメラマンがシャッターを切っていると、上川は「ノワ、緊張していますね。僕が離れて一人になったから…」と主演俳優から“マネジャー”に早変わり。彼女から離れられないのは、ご主人様の方かもしれない。

【続きを読む】

  • 「遺留捜査」のロケ現場でノワールとポーズを決める劇中衣装の上川。愛犬とは2015年の映画「犬に名前をつける日」で共演しており、ドラマに登場しても不思議じゃない!?=京都市内(撮影・寺口純平)
  • 上川隆也の愛犬「ノワール」=京都市内(撮影・寺口純平)
  • テレビ朝日系「遺留捜査」場面カット
  • テレビ朝日系「遺留捜査」場面カット
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【ペットと私】上川隆也の心優しい“愛娘”ノワール、「遺留捜査」ロケの癒やしに