2018.8.12 05:02

歌丸さん17日に納骨、追悼公演でトリの春風亭昇太「責任感じる」

歌丸さん17日に納骨、追悼公演でトリの春風亭昇太「責任感じる」

ロビーには在りし日の歌丸さんをしのぶコーナーが設けられた

ロビーには在りし日の歌丸さんをしのぶコーナーが設けられた【拡大】

 慢性閉塞性肺疾患で7月2日に死去した落語家、桂歌丸さん(享年81)の納骨が17日に行われることが11日、分かった。

 複数の関係者によると、19日に迎える四十九日の前に親族のみで行い、歌丸さんゆかりの寺に納められるという。

 この日、歌丸さんが出演を熱望していた東京・隼町の国立演芸場「8月中席」が開幕。毎年、歌丸さんが出演していた落語会で、今年は追悼公演として20日まで上演。ロビーには最後の高座など生前の写真が展示され、記帳台も設けられた。

 歌丸さんに代わり、トリを務めた春風亭昇太(58)は故人の十八番「壺算」を披露するも「桂歌丸にしか桂歌丸の落語はできない。僕なりに頑張りました」としんみり。葬儀から約1カ月が経過したが「実感がわかない」といい、死してなお千秋楽までチケットを完売させた歌丸さんの底力に「責任を感じます」と背筋を伸ばした。

  • 天国の歌丸さんに届けと高座に上がって熱演する昇太=東京・隼町
  • 天国の歌丸さんに届けと高座に上がって熱演する昇太=東京・隼町
  • 天国の歌丸さんに届けと高座に上がって熱演する昇太=東京・隼町
  • 天国の歌丸さんに届けと高座に上がって熱演する昇太=東京・隼町
  • 天国の歌丸さんに届けと高座に上がって熱演する昇太=東京・隼町
  • 桂歌丸さんが出演に意欲を燃やしていた国立演芸場「8月中席」の初日ロビーには記帳台が設置された=東京・隼町
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 歌丸さん17日に納骨、追悼公演でトリの春風亭昇太「責任感じる」