2018.8.8 05:02

「太陽にほえろ!」殿下役の小野寺昭、ヘリで緊急搬送 山荘で転倒

「太陽にほえろ!」殿下役の小野寺昭、ヘリで緊急搬送 山荘で転倒

外傷性くも膜下出血で搬送された小野寺昭

外傷性くも膜下出血で搬送された小野寺昭【拡大】

 刑事ドラマ「太陽にほえろ!」の殿下役などで知られる俳優、小野寺昭(74)が7日午前4時45分ごろ、長野県の北アルプス燕岳(つばくろだけ、標高2763メートル)の山荘内で転倒し、外傷性くも膜下出血で搬送された。

 転倒時に頭を打って出血し、山荘の従業員が県警安曇野署に通報。ふもとから県警ヘリコプターが飛んで、小野寺は空路で同県松本市内の病院に緊急搬送された。止血措置などを受けMRI検査を行った結果、脳に損傷はなく外傷性くも膜下出血と診断された。意識があり、全治約1週間の軽症とみられる。

 所属事務所によると、出血も止まり、小野寺自身が電話で「全然、大丈夫」と報告。朝、トイレに行く際、階段を踏み外し、頭を強打したといい、大事を取って数日間入院し、安静にするという。燕岳には6日に友人ら4人と入り、7日に下山予定だった。

 小野寺は登山愛好家としても知られ、2010年11月にスタートしたBSフジの紀行番組「絶景百名山」でナレーションを担当。俳優としてはNHK BSプレミアムのドラマ「捜査会議はリビングで!」(日曜後10・0)に出演中だが、すでに撮了し、今後の仕事に影響はないようだ。

 燕岳は中部山岳国立公園にあり、新日本百名山に選ばれている。

小野寺昭(おのでら・あきら)

 1943(昭和18)年9月19日生まれ、74歳。北海道出身。69年、TBS系ドラマ「パンとあこがれ!」でデビュー。72年、日本テレビ系「太陽にほえろ!」に島公之刑事役で出演し、「殿下」の愛称で親しまれる。以後、映画、ドラマ、舞台で活躍。2007年、大阪芸大短大広報学科(現メディア・芸術学科)の教授に就任。1メートル73。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 「太陽にほえろ!」殿下役の小野寺昭、ヘリで緊急搬送 山荘で転倒