2018.8.8 19:05(1/2ページ)

【SUPER GT2018】灼熱の第5戦、富士500マイルはリタイア続出の荒れた展開

【SUPER GT2018】

灼熱の第5戦、富士500マイルはリタイア続出の荒れた展開

【SUPER GT2018】灼熱の第5戦、富士500マイルはリタイア続出の荒れた展開

【SUPER GT2018】灼熱の第5戦、富士500マイルはリタイア続出の荒れた展開【拡大】

 8月4~5日に富士スピードウェイで開催された「2018 AUTOBACS SUPER GT Round 5 FUJI GT 500mile RACE」。500マイルとはすなわち800km。鈴鹿1000kmが昨年で終了し、今年からSUPER GTで最も長距離なレースがこの富士500マイルとなり、富士スピードウェイを177周も走ります。

 すでにお伝えの通り、ポールポジションは25号車HOPPY 86 MC。続く2番手は55号車ARTA BMW M6 GT3。ともにウェイトハンデを52kgも搭載しながらこの位置でレースをスタートするというのは驚きです。

 決勝レースもこの2チームが軸になるのでは?という予想もあり、スターティンググリッドでのグリッドウォークでも大きく注目されていました。

 午後1時30分、静岡県警の白バイとパトカーが先導するパレードに続き、フォーメーションラップの後、SUPER GTでは初めての500マイルレースがスタート。

 GT300の上位陣はほぼ入れ替わることなく第1コーナーであるTGRコーナーを通り過ぎていきます。しかし8周目、TGRコーナーでARTA BMW M6 GT3がHOPPY 86 MCをかわしてトップに浮上!そのままドンドンと差を広げていきます。

 この500マイルレースはドライバー交代を伴うピット義務が4回となりますが、300kmフォーマットのSUPER GTで1回、500kmで2回ということを考えると給油やタイヤなどは3回のピットインで足りてしまう計算。

 そこでピットでの渋滞などを避けるためにレース開始早々に1回目のピットインを済ませてしまおうというチームが現れます。88 号車マネパ ランボルギーニ GT3、96 号車K-tunes RC F GT3、60 号車SYNTIUM LMcorsa RC F GT3は1周目が終わってすぐにピットイン。7号車D’station Porscheは6周目、65号車LEON CVSTOS AMGも8周目と、かなり序盤でのピットインをしています。

 ピットインといえばタイヤ交換もタイムを短縮する上では重要なファクターとなります。毎回四輪全てを変えるチーム、毎回後輪は交換して、前輪は1回おきのチームなど作戦は様々。変り種はHOPPY 86 MCで毎回三輪交換とし後輪は毎回、そして前輪は1回目は右、2回目は左といった具合にタイヤ交換をしていったのです。

【続きを読む】

  • 【SUPERGT2018】灼熱の第5戦、富士500マイルはリタイア続出の荒れた展開
  • 【SUPERGT2018】灼熱の第5戦、富士500マイルはリタイア続出の荒れた展開
  • 【SUPERGT2018】灼熱の第5戦、富士500マイルはリタイア続出の荒れた展開
  • 【SUPERGT2018】灼熱の第5戦、富士500マイルはリタイア続出の荒れた展開
  • 【SUPERGT2018】灼熱の第5戦、富士500マイルはリタイア続出の荒れた展開
  • 【SUPERGT2018】灼熱の第5戦、富士500マイルはリタイア続出の荒れた展開
  • 【SUPERGT2018】灼熱の第5戦、富士500マイルはリタイア続出の荒れた展開
  • 【SUPERGT2018】灼熱の第5戦、富士500マイルはリタイア続出の荒れた展開
  • 【SUPERGT2018】灼熱の第5戦、富士500マイルはリタイア続出の荒れた展開
  • 【SUPERGT2018】灼熱の第5戦、富士500マイルはリタイア続出の荒れた展開
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 【SUPER GT2018】灼熱の第5戦、富士500マイルはリタイア続出の荒れた展開