2018.8.7 15:45

よしもと釣り部、釣りへの熱い思いを笑いに変え爆笑トークを展開

よしもと釣り部、釣りへの熱い思いを笑いに変え爆笑トークを展開

鈴原ありささんの写真を使って“写真でひとこと”ゲームを行う(左から)デニス松下、コロコロチキチキペッパーズのナダル、ラフレクランきょん=千葉市美浜区

鈴原ありささんの写真を使って“写真でひとこと”ゲームを行う(左から)デニス松下、コロコロチキチキペッパーズのナダル、ラフレクランきょん=千葉市美浜区【拡大】

 サンケイスポーツの釣り面で「よしもと釣り部通信」を連載中のデニス松下(34)らよしもと釣り部の芸人が6日、千葉・よしもと幕張イオンモール劇場で、釣りとお笑いを融合させた第3回釣り部ライブ「よしもと釣り部LIVE~夏だ!海だ!釣りだ!イナダ!~」を行った。

 松下と、ピスタチオ伊地知(33)、バンビーノ藤田(33)、コロコロチキチキペッパーズのナダル(33)と西野(26)、シシガシラ浜中(34)、ラフレクランきょん(30)、官兵衛伊藤(32)の8人が出演。過去2回出演したミキの昴生(32)と亜生(30)が欠席のため、客入りが半減し、松下が「ミキがいないだけで110人ぐらい減っている」とボヤいて開幕した。

 それでも釣りへの熱い思いを笑いに変えて、爆笑トークを展開。横須賀安浦『こうゆう丸』で行ったロケのVTRを上映すると、メンバーがタチウオを釣り上げるたびに拍手と歓声がわき起こった。今回はサンケイスポーツ釣り面で「鈴原ありさのこんなのありさ」を連載中の釣りガール、鈴原ありささん(22)がゲスト出演。“釣り大喜利”や、自身の写真を使った“写真でひとこと”のジャッジを務めて盛り上げた。ナダルの股間にルアーが直撃する“珍ハプニング”も起こし、会場は爆笑に包まれた。

 松下は終演後、一番手応えを感じたと明かし、第4回の開催に意欲。もちろん「ミキのスケジュールを考えなければ」と、兄弟コンビの人気にあやかることも忘れなかった。

  • よしもと釣り部芸人に交じってキャスティング対決に参加した鈴原ありささん。この直後、ナダルの股間を珍ハプニングが襲った=千葉市美浜区
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. よしもと釣り部、釣りへの熱い思いを笑いに変え爆笑トークを展開