2018.8.7 05:04

キムタク「頼りがいある後輩」、ニノ「木村拓哉と同じ作品を作りたかった」

キムタク「頼りがいある後輩」、ニノ「木村拓哉と同じ作品を作りたかった」

特集:
SMAP
大歓声に手を振って応える左から二宮、木村、吉高由里子、大倉孝二=東京・丸の内(撮影・蔵賢斗)

大歓声に手を振って応える左から二宮、木村、吉高由里子、大倉孝二=東京・丸の内(撮影・蔵賢斗)【拡大】

 元SMAPで俳優、木村拓哉(45)と嵐の二宮和也(35)が6日、東京都内で行われた初共演映画「検察側の罪人」(原田眞人監督、24日公開)の完成披露試写会に出席。公の場で初めてツーショットを披露した。

 2大スターが、ホール左右の扉から分かれて登場すると、場内は「キャー!!」と割れんばかりの大歓声。中央で対面した2人はがっちり握手し、笑顔でハグをする姿に4000人が沸いた。

 今月4、5日にV6・三宅健(39)や俳優、生田斗真(33)らジャニーズ事務所の後輩と西日本豪雨の被災地の広島、岡山両県で炊き出しに参加した木村は「昨日、一昨日と食料を手渡してきた。今日は『検察側の罪人』という作品を手渡すことができてうれしい」とあいさつし、温かい拍手を送られた。

 2人は対峙する検事役で初共演。二宮について木村は「一緒にやっていてこれほど信頼できる共演者は珍しい。頼りがいのある後輩」と肩を抱きべた褒め。二宮は照れながら、「平成という時代をスタイルを変えずにトップを走ってきた『木村拓哉』という男と一度同じ作品を作りたいと。それが平成の最後に実現して、言葉までいただけて感謝…僕っていい人生ですよね」と感慨深げだった。

  • 「検察側の罪人」の完成披露試写会に出席した左から木村、二宮=東京・丸の内
  • 「検察側の罪人」の完成披露試写会に出席した左から二宮、木村=東京・丸の内
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. キムタク「頼りがいある後輩」、ニノ「木村拓哉と同じ作品を作りたかった」