2018.8.7 04:00(1/2ページ)

草なぎ剛、話題の日仏合作アニメ映画で主人公!本格的な海外進出も

草なぎ剛、話題の日仏合作アニメ映画で主人公!本格的な海外進出も

13年ぶりのアニメ映画で“クズ野郎”の声を務めた草なぎ

13年ぶりのアニメ映画で“クズ野郎”の声を務めた草なぎ【拡大】

 元SMAPの草なぎ剛(44)が、日仏合作アニメ映画「ムタフカズ」(10月12日公開)の日本語版で主人公の声優を務めることが6日、分かった。人間のクズばかりが住む街に生まれ育った青年が仲間と騒動を乗り越えていく物語で、フランス語版が世界の13映画祭で上映された話題作。アニメ映画は13年ぶりとなる草なぎは「人間の愛という普遍的なテーマがストレートに表現されている」と作品の魅力を語っている。

 4月の映画「クソ野郎と美しき世界」で、愛すべきクソ野郎を演じた草なぎが、注目のアニメ映画でクズ野郎を演じる。

 「ムタフカズ」は、フランスの人気コミックが原作で、人間のクズばかりが住む街に生まれ育った青年・アンジェリーノ(草なぎ)が、仲間のヴィンスとウィリーとともに想像を超えた騒動に巻き込まれていく物語。ヴィンスの声を俳優の柄本時生(28)、ウィリーの声は満島真之介(29)が務める。草なぎがアニメ映画の声優を務めるのは2005年の「ロボッツ」以来13年ぶりだ。

 08年に日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞した大ヒットアニメ映画「鉄コン筋クリート」の製作陣が、世界的オンラインゲーム「DOFUS」を手掛けたフランスの映像制作会社とのタッグで製作。

 オリジナルのフランス語版は、昨年のパリ国際ファンタスティック映画祭や東京国際映画祭など13の映画祭で上映され、大きな反響を呼んだ。その注目作の日本代表に選ばれたのが草なぎだ。

【続きを読む】

  • アニメ映画「ムタフカズ」のポスター。手前から時計回りに草なぎが担当するアンジェリーノ、満島のウィリー、柄本のヴィンス
  • 草なぎ剛が声優を務めるアンジェリーノ
  • ヴィンスの声を務める柄本時生
  • 柄本時生が声優を務めるヴィンス
  • ウィリーの声を務める満島真之介
  • 満島真之介が声優を務めるウィリー
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 草なぎ剛、話題の日仏合作アニメ映画で主人公!本格的な海外進出も