2018.8.7 20:07

大塚家具が3年連続赤字 ブランドイメージ悪化などで売り上げ減、立て直し計画を策定へ

大塚家具が3年連続赤字 ブランドイメージ悪化などで売り上げ減、立て直し計画を策定へ

 業績不振に陥っている大塚家具は7日、2018年12月期決算の業績予想を下方修正し、純損益を13億円の黒字から34億円の赤字に引き下げた。赤字は3年連続。大型店を中心に売り上げの減少が続いている。厳しい収益環境が継続していることが改めて鮮明になった。大塚家具は「事業の抜本的な立て直しを急務として、新たな計画を策定中だ」としている。

 売上高も従来予想の456億円から376億円に下方修正した。低価格路線のニトリホールディングスなどとの競争激化に加え、創業者の大塚勝久氏と長女の久美子社長の経営権を巡る対立でブランドイメージが悪化し、売上高は7月まで12カ月連続で前年割れとなっている。

 売れ残ったまま処分できない商品の資産価値を見直し、損失処理をすることも業績悪化に影響した。

 大塚家具は自力での立て直しは困難だとして、出資受け入れなどの検討を急ぐ。株主の貸会議室大手ティーケーピー(TKP)などによる支援案が浮上しているが、交渉は難航する恐れもある。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 大塚家具が3年連続赤字 ブランドイメージ悪化などで売り上げ減、立て直し計画を策定へ