2018.8.5 05:05(1/2ページ)

Wink、10年ぶり熱唱!18日放送NHK「思い出のメロディー」収録にサプライズ登場

Wink、10年ぶり熱唱!18日放送NHK「思い出のメロディー」収録にサプライズ登場

デビュー30周年で一夜限りの復活を果たしたWink。アラフィフになっても相田(右)と鈴木の呼吸はバッチリだ=東京・渋谷(NHK提供)

デビュー30周年で一夜限りの復活を果たしたWink。アラフィフになっても相田(右)と鈴木の呼吸はバッチリだ=東京・渋谷(NHK提供)【拡大】

 今年デビュー30周年を迎えた人気デュオ、Winkが4日、東京・渋谷のNHKホールで行われた同局「第50回 思い出のメロディー」(18日放送、後7・30)の収録で、10年ぶりに一夜限りの復活を果たした。1996年の活動停止以降、2人で歌唱するのは4度目で、ファンに感謝の気持ちを届けた相田翔子(48)は「2人で歌えてうれしかった」と感涙。今後の活動は未定だが、再始動への大きな一歩になりそうだ。

 「久しぶりで緊張しましたが、楽しく歌わせていただきました」

 “夏の紅白”と呼ばれる「思い出のメロディー」。“無表情”なはずの2人の顔には、充実の笑みが浮かんでいた。

 2人で歌うのは98、99、2008年の音楽特番以来、10年ぶり4度目。純白のドレス姿で相田と鈴木早智子(49)がサプライズで登場すると、会場は興奮のるつぼに包まれた。

 大歓声の中、1989年の日本レコード大賞受賞曲で、同年末に初出場した紅白歌合戦で歌った代表曲「淋しい熱帯魚」と「愛が止まらない~Turn it into love~」を披露。円熟味の増したハーモニーとおなじみの“大魔神ポーズ”の振り付けで魅了した。

【続きを読む】

  • 1990年のコンサートで熱唱する相田(右)と鈴木。独特の振り付けで人気を博した
  • デビュー30周年で一夜限りの復活を果たしたWink。アラフィフになっても相田(右)と鈴木の呼吸はバッチリだ=東京・渋谷(NHK提供)
  • デビュー30周年で一夜限りの復活を果たしたWink。アラフィフになっても相田(右)と鈴木の呼吸はバッチリだ=東京・渋谷(NHK提供)
  • デビュー30周年で一夜限りの復活を果たしたWink。アラフィフになっても相田(右)と鈴木の呼吸はバッチリだ=東京・渋谷(NHK提供)
  • Wink2人のプロフィール
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. Wink、10年ぶり熱唱!18日放送NHK「思い出のメロディー」収録にサプライズ登場