2018.8.4 05:05(1/3ページ)

【ヒューマン】徳永えり、濡れ場は「殺陣」 初主演連ドラ『恋のツキ』で体当たり熱演

【ヒューマン】

徳永えり、濡れ場は「殺陣」 初主演連ドラ『恋のツキ』で体当たり熱演

特集:
ビートたけし
連ドラ初主演作で体当たりの演技をみせる徳永は終始、穏やかな笑顔で取材に対応=東京・南青山

連ドラ初主演作で体当たりの演技をみせる徳永は終始、穏やかな笑顔で取材に対応=東京・南青山【拡大】

 2017年度下半期のNHK連続テレビ小説「わろてんか」で女中のトキ役を好演した女優、徳永えり(30)がテレビ東京系「恋のツキ」(木曜深夜1・0)で体当たりの濡れ場に挑戦している。デビュー15年目にして初の連続ドラマ主演で、彼氏、元カレ、浮気相手役の俳優陣を相手に熱演。揺れ動く女心を表現する繊細な演技力も求められる中、「役にはまりすぎないこと」をテーマに日々のハードな撮影に臨んでいる。(ペン・山内倫貴、カメラ・今野顕)

 透明感あふれるつぶらな瞳が印象的。東京都内の所属事務所で行われた取材で、まずは連ドラ初主演の感想を聞くと、いきなりソファの上に正座!? 面食らう記者の前で、「当たり前ですが、主演は出ずっぱりで本当に大変。これまでの主演の方々に(紙面を通じて)敬意を払いたいです」と頭をさげた。

 2004年のデビュー以降、朝ドラは「梅ちゃん先生」「あまちゃん」「わろてんか」に出演。10年公開の映画「春との旅」では名優、仲代達矢(85)を相手にヒロイン役を好演するなど、変幻自在の演技力で活躍している。

 「恋のツキ」では独身アラサー女子の揺れる女心を体現。7月26日放送の初回では同居する彼氏(渡辺大知、27)の股間をまさぐり、顔を埋める衝撃の演技を披露した。

 撮影初日から一糸まとわぬ姿で彼氏、元カレ(安藤政信、43)、浮気相手の高校生(神尾楓珠、19)との濡れ場に挑戦。「テレビでは見えたらいけないところは放送しないから安心」と自分に言い聞かせ「割り切ってやるしかない」と覚悟を決めた。

【続きを読む】

  • 「恋のツキ」で濡れ場を披露する神尾と徳永(c)新田章/講談社(c)「恋のツキ」製作委員会
  • 連ドラ初主演作で体当たりの演技をみせる徳永は終始、穏やかな笑顔で取材に対応=東京・南青山
  • 連ドラ初主演作で体当たりの演技をみせる徳永は終始、穏やかな笑顔で取材に対応=東京・南青山
  • 連ドラ初主演作で体当たりの演技をみせる徳永は終始、穏やかな笑顔で取材に対応=東京・南青山
  • 連ドラ初主演作で体当たりの演技をみせる徳永は終始、穏やかな笑顔で取材に対応=東京・南青山
  • 連ドラ初主演作で体当たりの演技をみせる徳永は終始、穏やかな笑顔で取材に対応=東京・南青山
  • 連ドラ初主演作で体当たりの演技をみせる徳永は終始、穏やかな笑顔で取材に対応=東京・南青山
  • 連ドラ初主演作で体当たりの演技をみせる徳永は終始、穏やかな笑顔で取材に対応=東京・南青山
  • 連ドラ初主演作で体当たりの演技をみせる徳永は終始、穏やかな笑顔で取材に対応=東京・南青山
  • 連ドラ初主演作で体当たりの演技をみせる徳永は終始、穏やかな笑顔で取材に対応=東京・南青山
  • 連ドラ初主演作で体当たりの演技をみせる徳永は終始、穏やかな笑顔で取材に対応=東京・南青山
  • 連ドラ初主演作で体当たりの演技をみせる徳永は終始、穏やかな笑顔で取材に対応=東京・南青山
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【ヒューマン】徳永えり、濡れ場は「殺陣」 初主演連ドラ『恋のツキ』で体当たり熱演