2018.7.30 18:41

森喜朗会長、夏時間2時間前倒し要望 菅官房長官は導入に慎重姿勢

森喜朗会長、夏時間2時間前倒し要望 菅官房長官は導入に慎重姿勢

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は30日の記者会見で、大会時の暑さ対策として安倍晋三首相に提案したサマータイム(夏時間)制度について、時計の針を2時間進めるよう要望したことを明らかにした。菅義偉官房長官は同日の記者会見で、導入に慎重な姿勢を示した。

 森会長は27日に官邸で安倍首相と会談し、国全体で夏場だけ時計の針を進める夏時間導入のための法整備を打診した。森会長は、大会時の気温が40度超となる可能性について「あると想定しておいた方がいい」と危機感を示し「われわれとしては最善の努力をしていく。時間的に間に合うか分からないが、積極的な行動が不可欠と考えている」と述べた。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 森喜朗会長、夏時間2時間前倒し要望 菅官房長官は導入に慎重姿勢