2018.7.29 11:05(1/2ページ)

“落語界の松井秀喜”三遊亭歌武蔵の特大ホームラン級の話芸に注目/芸能ショナイ業務話

“落語界の松井秀喜”三遊亭歌武蔵の特大ホームラン級の話芸に注目/芸能ショナイ業務話

特集:
芸能ショナイ業務話
“落語会の松井秀喜”、三遊亭歌武蔵の話芸も、メジャー級のおもしろさです

“落語会の松井秀喜”、三遊亭歌武蔵の話芸も、メジャー級のおもしろさです【拡大】

 夏の風物詩、全国高校野球選手権を前に地方大会が佳境を迎えている。かつて野球担当記者をしていた私は、この季節が大好きだ。しかも第100回という記念すべき大会。石川・星稜高の2年時から取材していた元ヤンキースの松井秀喜さんが開幕戦で始球式を行うこともあり、例年以上に心が躍る。

 現在は文化報道部で落語や舞台のコラムも担当する身。そんな折「松井似の落語家さんがいる」との情報を耳にし、以前から気になっていた三遊亭歌武蔵師匠(50)の落語会に出掛けた。7月16日、横浜にぎわい座。登壇の瞬間、確信した。そっくりだ。野球でいえば会心のタイムリー。いや、値千金弾だ。

 演目は夏にふさわしく「化け物使い」。人使いが荒く奉公人が長続きしないご隠居が、お化けがでる家に転居。そこでもご隠居は怖がるどころか、お化けたちをこき使う。そして、さまざまなお化けに扮していた1匹の狸が、最後に「ご隠居、お暇をください」と泣きながら懇願するオチだ。

 松井秀喜は白球を自在にあやつった。歌武蔵師匠は1メートル81、125キロの見るからに強そうなその体を駆使し、噺の中のお化けたちを話芸と所作で見事にあやつっていた。家事をさせたり、肩をもませたり。見えないはずのお化けたちを圧倒、説得力のある高座だった。

 強そうな肉体には“歴史”が刻まれていた。中学時代は生まれ育った岐阜県の柔道チャンピオンで、1983年3月に武蔵川部屋へ入門。貴闘力と同期で、森武蔵のしこ名でデビューした元力士だ。けがに泣かされて半年で廃業したが、松井同様、アスリートという共通点を持つ。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. “落語界の松井秀喜”三遊亭歌武蔵の特大ホームラン級の話芸に注目/芸能ショナイ業務話