2018.7.26 09:00

「オートモビル カウンシル 2018」、60年代の名車やレーシングカーモデルが出展

「オートモビル カウンシル 2018」、60年代の名車やレーシングカーモデルが出展

特集:
カー情報

 トヨタは、幕張メッセで開催される「AUTOMOBILE COUNCIL 2018」の出展概要を発表しました。

「オートモビル カウンシル 2018」、60年代の名車やレーシングカーモデルが出展

 2018年8月3日(金)から5日(日)までの3日間にわたって開催される「AUTOMOBILE COUNCIL 2018」、トヨタは「日本に自動車文化の新たな創生を図りたい」というイベントの主旨に共感し、初回の2016年から出展しています。

「オートモビル カウンシル 2018」、60年代の名車やレーシングカーモデルが出展

 今年は、動態保存でも知られるトヨタ博物館から、「トヨタ博物館 meets AUTOMOBILE COUNCIL」のスローガンのもと、「メーカーやブランドの垣根を越え、クルマを愛するすべての皆さまとともに、ヘリテージを尊び、人とクルマの未来を見据え、日本の自動車文化を育んでいきたい」という想いを表現したいとしています。

 展示テーマは、「元気!! ニッポン 1960s!」。日本経済が高度成長期にあり、各自動車メーカーから様々な名車が発売された時代でもある1960年代に誕生したクルマにスポットライトを当てるそう。

「オートモビル カウンシル 2018」、60年代の名車やレーシングカーモデルが出展

 具体的には、1966年に茨城県筑波郡谷田部町(現つくば市)の自動車高速試験場(現日本自動車研究所)で、いくつもの国際新記録を樹立した「トヨタ 2000GT スピードトライアル」、同社初の本格的プロトタイプレーシングカーで、1969年7月の全日本富士1000kmレースでデビューウィンした「トヨタ 7」のほか、「トヨタ パブリカスポーツ」や「トヨペット コロナ」など計6車種が展示されます。

「オートモビル カウンシル 2018」、60年代の名車やレーシングカーモデルが出展

 さらに、トヨタ博物館所蔵のポスターやカタログなども展示され、日本の1960年代の雰囲気を味わうことができるそうです。

 (塚田勝弘)

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 「オートモビル カウンシル 2018」、60年代の名車やレーシングカーモデルが出展