2018.7.24 10:00(1/2ページ)

【科学特捜隊】’18上半期「複合ランキング」をサンスポ独自算出!

【科学特捜隊】

’18上半期「複合ランキング」をサンスポ独自算出!

特集:
科学特捜隊
「科学特捜隊」による2018年上半期複合ランキング

「科学特捜隊」による2018年上半期複合ランキング【拡大】

 ヒットチャートに革命が起きる-。音楽市場調査会社、オリコンが今秋から、従来のCDセールスと新たに音楽配信サービスのダウンロード数を加味する「オリコン週間複合ランキング」を新設する。ネットを通じて音楽を購入するユーザーが増え、CDの販売実績だけではヒット曲をとらえきれないためで、同社は新ランキングの算出方法を現在検討中だ。それに先立ち、サンケイスポーツ東京発刊55周年企画「科学特捜隊」では、最新の市場動向を基に独自の今年上半期「複合ランキング」を算出してみた。(取材構成・山内倫貴)

 ヒット曲の可視化を目的として、1968年に日本初のレコードセールスランキングを発表して半世紀になるオリコン。CDショップや家電量販店など1万8805店舗のCD販売実績やイベント会場での売り上げ調査を基に、シングルやアルバムなどのランキングを算出している。

 ただ、近年はスマホなどで楽しめる音楽配信サービスが充実する。日本レコード協会によると、昨年のCDやレコード、カセットテープなどパッケージ商品の総生産数(映像ソフトは除く)は約1億5437万枚。一方の配信は約1億4570万ダウンロード(DL)とほぼ同数だ。

 オリコンではCDだけでヒット曲を決めるのは難しいと判断し、CD売り上げ枚数にDL数を加味した「オリコン週間複合ランキング」の新設に着手した。

 「複合シングルランキング」では、1枚の価格が1200~1600円で4曲前後収録されるCDシングルと、1曲200~250円の配信シングルを合算する必要がある。同社は「1曲に対する価格が違うため、枚数とDL数の単純な足し算では正確なランキングにならない」と指摘する。

【続きを読む】

  • 上半期デジタルシングル(単曲)ランキングからランクインした楽曲
  • 2018年上半期オリコンシングルランキング
  • 2018年上半期オリコンデジタルシングル(単曲)ランキング
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【科学特捜隊】’18上半期「複合ランキング」をサンスポ独自算出!