2018.7.24 10:00

「バチェラー」に学んだ人生のサバイバル

「バチェラー」に学んだ人生のサバイバル

特集:
女子社員コラム 言わせて系

 【女子社員コラム 言わせて系】知り合いの勧めで、アマゾンプライムビデオの「バチェラー」という番組にはまっている。バチェラーとは独身貴族の意味で、元々は米国で恋愛リアリティーとして人気をつかんだ番組が、ついに日本上陸。30人弱の女性が1人の男性をめぐって恋愛&婚活バトルを繰り広げる、まさにサバイバルのような番組だ。

 初めは「どうせやらせでしょう」と甘く見ていた。しかし見始めると、次の話を見たい気持ちが止まらなくなる。これはただの恋愛リアリティー番組ではない。いわば、婚活や恋愛の究極の実例集のようなものだと感じるようになった。番組に参加している女性たちは皆きれいで、個性派ぞろい。その中で自分をいかにうまくアピールして、気に入ってもらえるかを極限の状態で考えて行わなければならないのだ。

 きれいで高根の花のような女性は自ら話しかけにはいかず、話しかけられるのを待つ。話しかけられたときには、相手の日々の疲れをねぎらい、「私はあなたのことを気にかけています」ということを暗にアピールする。見た目がおとなしそうに見える女性は、思い切った大胆な行動でギャップを見せ気を引く。十人十色、あらゆる策をめぐらせて本気の奪い合いを展開していく。

 私はこのようなサバイバルに参加したことはないが、見ていて「なるほど」と思うことばかりだった。待っているだけではチャンスはやってこないし、待つにしても何らかの策を講じて待たないと時間の無駄。自分の長所と短所を明確に把握して、相手に売り込むことが何よりの近道だと感じた。そしてこれは恋愛のみならず人生に通じる学びだとも思った。今年で23歳になり、人生について考える機会も増えた。うまくいかないことばかりだが、バチェラーから学んだことを心に留め、一日一日を悔いなく過ごせるようにしていきたい。(箭内桃子)

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 「バチェラー」に学んだ人生のサバイバル