2018.7.24 21:40

トヨタ、東京オリンピックに3000台超の大会公式車両を提供!トヨタ生産方式で支援

トヨタ、東京オリンピックに3000台超の大会公式車両を提供!トヨタ生産方式で支援

トヨタ、東京オリンピックに3000台超の大会公式車両を提供!トヨタ生産方式で支援

トヨタ、東京オリンピックに3000台超の大会公式車両を提供!トヨタ生産方式で支援【拡大】

 トヨタ自動車が7月23日、2020年の東京五輪・パラリンピックの支援に向けた活動内容を発表しました。

 同社は大会を通じ、(1)全ての人に移動の自由を提供、(2)水素社会の実現を核としたサステナビリティ(環境・安全)、(3)トヨタ生産方式を活用した大会関係者輸送支援の3テーマを柱に、従来の車両供給の枠を超えた「モビリティソリューション」の提供を目指すそうです。

 豊田章男社長は「誰かが何かに挑戦したいと思っている時、移動が障害になっているのであれば、トヨタは、その課題に正面から向き合いたい」、「世界中の人々が自由に移動を楽しむことができるモビリティ社会が実現した時、“移動が夢を叶えるための可能性になる”」としています。

 具体的には以下を計画しているそうです。

 (1)東京の臨海副都心地区、羽田地区の特定エリアにおいて自動運転を実証実験。次世代EV「e-Palette」で選手や大会関係者の移動を支援

 (2)FCV(燃料電池車)やEVに加え、HV、PHVなどの電動車両を中心に3,000台以上の大会公式車両を提供。これまでの大会で最高レベルとなる環境負荷低減を目指す

 (3)トヨタ生産方式を活用し、安全で効率的な大会関係者輸送を実現。(効率的配車、輸送オペレーション支援)

 同社は東京2020オリンピック・パラリンピックを最先端モビリティとトヨタ生産方式でサポートする考えで、使用する新型モビリティ等の詳細については、後日公表するそうです。

 (Avanti Yasunori・画像:TOYOTA)

  • トヨタ、東京オリンピックに3000台超の大会公式車両を提供!トヨタ生産方式で支援
  • トヨタ、東京オリンピックに3000台超の大会公式車両を提供!トヨタ生産方式で支援
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. トヨタ、東京オリンピックに3000台超の大会公式車両を提供!トヨタ生産方式で支援