2018.7.22 11:00(2/4ページ)

【ペットと私】滝川クリステル、愛犬アリスが教えてくれたお・も・い・や・りの心

【ペットと私】

滝川クリステル、愛犬アリスが教えてくれたお・も・い・や・りの心

特集:
ペットと私
滝川クリステルの愛犬アリス=東京都渋谷区(撮影・加藤圭祐)

滝川クリステルの愛犬アリス=東京都渋谷区(撮影・加藤圭祐)【拡大】

 出会いは2011年の東日本大震災の後。当時3歳のアリスは福島県内の原発30キロ圏内で被災し、飼い主とはぐれて放浪していたところをNPO団体に保護された。以前から動物保護活動に取り組んでいた滝川は、引き取り手の少ない大型犬がいたら飼おうと心に決めていたという。

 「NPOから引き取った当時は、私が出張で自宅を留守にすると、取り残された悲しみや怒りからか下痢や嘔吐を繰り返していました。根気よく向かい合って『どこにも行かないよ』と言い聞かせてから、だんだん落ち着いてきました」

 引き取って3カ月後に元の飼い主が見つかり、名前はアリスと判明。だが、本来の飼い主は飼える状況ではなく、滝川が正式に引き取ることになった。

 滝川はアニマル・ウェルフェア(動物福祉)にのっとり、20年までに犬猫の殺処分をゼロにすることを目的に4年前、一般財団法人「クリステル・ヴィ・アンサンブル」を設立した。

 「年老いた犬を介護できなくて捨ててしまう人がいかに多いことか。アリスを連れて『命の授業』を小学校などでしています。自分が捨てられる身になったら、どれほど寂しくつらいか…そのことを伝えています」

 地道な活動は徐々に世間に知られてきた。「この前ね。アリスと一緒に乗ったタクシーを降りるとき、運転手さんが『アリス、またねー!』と言ってくれたんです。名前を知っててくれた。ジーンときました」と喜んだ。

【続きを読む】

  • アリスに日々癒やされている滝川。「信頼できる犬仲間や友人が増えたし、私の福の神のような存在でもあります」=東京・恵比寿(撮影・加藤圭祐)
  • インタビューに応じる滝川クリステル=東京都渋谷区(撮影・加藤圭祐)
  • 「パネル・フォー・ライフ」プロジェクト・QRコード
  • 滝川クリステルペットと私
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【ペットと私】滝川クリステル、愛犬アリスが教えてくれたお・も・い・や・りの心