2018.7.18 04:00

MISIA「さんまさんにバラエティーバージンをささげました」

MISIA「さんまさんにバラエティーバージンをささげました」

NHK FM「MISIA 星空のラジオ」の収録を行うMISIA

NHK FM「MISIA 星空のラジオ」の収録を行うMISIA【拡大】

 タレント、明石家さんま(63)が、24日放送のNHK FM「MISIA 星空のラジオ」(火曜後11・0)に歌手、甲斐よしひろ(65)とゲスト出演することが17日、分かった。

 パーソナリティーを務める歌手、MISIA(40)が自身プロデュースのネットフリックスドラマ「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」(20日配信スタート)の主題歌として甲斐バンドの名曲「最後の夜汽車」をカバーした縁。

 このほど東京・渋谷の同局で収録を実施。ドラマではプロデューサーとして影に徹したさんまだが、この日は進行役を乗っ取り、持ち前の機関銃トークを展開。オープニングから「3人でしゃべるのも、あのことがなかったらない」と、主演の小出恵介(37)が未成年女性との飲酒及び淫行騒動で無期限休止となり、代役の玉山鉄二(38)で撮り直した“事件”をさんま流の笑いに変えると、甲斐も「3者で集まることもないでしょうし…」と乗っかり、会場は爆笑の渦に。

 MISIAとは昨年6月のフジテレビ系特番「さんまのまんま 初夏に大笑いしましょかSP」以来1年ぶりの共演で、MISIAに「初めてバラエティーに出させていただいた。さんまさんにバラエティーバージンをささげました」と言われると、さんまは「(バージンを)頂きました。豊かな夜を迎えさせて頂き、ありがとうございました」とニンマリ。

 さらに、甲斐に「あかんで。この番組で司会したら」と忠告されるも、MISIAに「さんまさんが進行でいいです」と優しい言葉をかけられると、さんまは「やらせて頂いてますけど、甲斐さんも最近どうですか?」としてやったりの表情。甲斐がすかさず「若手漫才師か!」と突っ込み、再び爆笑の渦となった。

 主題歌は19歳のころにコントで使っていた楽曲といい、「売れなかった頃の芸人の写真にこの曲をかぶせたかった。自分が初めて新幹線のグリーン車のチケットを頂いたときとかこの曲を重ねて聴いていた」と説明し、「将来、『Jimmy』という映画を作ろうと思っていたら、その前にこの話があった」と映画化の構想も明かした。

 最後に甲斐とMISIAが主題歌をセッションした音源が流されると、さんまは「夢の夢で」と感激し、「あの…、ドラマの歌を差し替えます。素晴らしい出来です」とジョークで締め、笑い満載の収録を終えた。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. MISIA「さんまさんにバラエティーバージンをささげました」