2018.7.15 11:04

丸山桂里奈「私のお尻も『出せるんですね』と本当に喜んでいた」

丸山桂里奈「私のお尻も『出せるんですね』と本当に喜んでいた」

丸山桂里奈

丸山桂里奈【拡大】

 2011年サッカー女子ワールドカップ(W杯)ドイツ大会日本代表で、16年に現役を引退したタレント、丸山桂里奈(35)が15日、TBS系「サンデー・ジャポン」(日曜前9・54)に生出演。W杯ロシア大会での日本の勝敗予想が外れたため、「お尻を出します」という“珍公約”を実行したことについて、「思いきり丸出ししちゃった」と顔を赤らめた。

 この日の放送では東京都内某所で“お尻撮影”を敢行するVTRが紹介された。丸山は「罰ゲームで思いきりやらせていただいた。私のお尻も『出せるんですね』と本当に喜んでいた」と出来栄えに自信を示した。

 丸山は先月17日の放送で、日本の1次リーグでの勝敗を問われると、「ズバリ3勝だと思います。全部勝っちゃいますね」とキッパリ。演出家でタレント、テリー伊藤(68)から「日本が勝てなかったら、どういう罰ゲームがあるの?」と問われると、「お尻を出します」と宣言。結果は1勝1敗1分に終わり、丸山は「もちろん出します」と今月1日の放送で宣言していた。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 丸山桂里奈「私のお尻も『出せるんですね』と本当に喜んでいた」