2018.7.13 10:37

京大前交差点で立て看板の畳燃える 近くに燃えた花火と袋

京大前交差点で立て看板の畳燃える 近くに燃えた花火と袋

 13日午前3時ごろ、京都市左京区の京都大吉田キャンパス前の百万遍交差点で立て看板らしき物が燃えていると、通行人の男性が119番した。火は約15分後に消し止められ、けが人はなかった。

 下鴨署によると、燃えたのは畳1枚。ポスターなどを張り、立て看板として使われていたとみられる。近くに燃えた花火と袋が落ちていた。同署が建造物等以外放火容疑などで調べる。

 周囲の石垣には、他にポスターが張られた畳2枚が立て掛けられており、一部が焦げた。

 京都市の是正要求を受けて、京大は5月、立て看板の設置をキャンパス内に限定するルールを施行。公道に面した看板を撤去したが、反発した学生側が新たに設置している。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 京大前交差点で立て看板の畳燃える 近くに燃えた花火と袋