2018.7.13 22:19

中国機、副操縦士がたばこ吸い急降下 誤操作で資格取り消しなどの処分

中国機、副操縦士がたばこ吸い急降下 誤操作で資格取り消しなどの処分

 香港から中国遼寧省大連に向かっていた中国国際航空機内で10日、副操縦士がたばこを吸ったことをごまかそうとして操作を誤り、急降下するトラブルがあった。乗客乗員162人にけがはなかったが、副操縦士らは操縦資格取り消しなどの処分を受けた。中国メディアが13日伝えた。

 中国民用航空局によると、副操縦士は電子たばこのにおいが客席に広がらないよう換気しようとし、誤って空調システムを止めた。機内は酸素が不足し、異常を検知した機体は急降下。一連の操作は機長に無断で行っていたという。

 その後、旅客機は空調を回復させ、予定通り大連の空港に着陸した。

 中国では5月に旅客機が高度約1万メートルで操縦席の窓ガラスが突然割れ、緊急着陸するなど、トラブルが相次いでいる。(共同)

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 中国機、副操縦士がたばこ吸い急降下 誤操作で資格取り消しなどの処分