2018.7.9 11:52

加藤剛さん死去 大岡越前で共演の山口崇「竹脇無我もあいつも逝っちゃった。胸が痛いな」

加藤剛さん死去 大岡越前で共演の山口崇「竹脇無我もあいつも逝っちゃった。胸が痛いな」

死去した加藤剛さん

死去した加藤剛さん【拡大】

 テレビ時代劇「大岡越前」や映画「砂の器」で知られ、端正な顔立ちと落ち着いた演技で人気を集めた俳優の加藤剛(かとう・ごう、本名剛=たけし)さんが6月18日午前10時11分、胆のうがんのため東京都内の施設で死去した。80歳。静岡県出身。葬儀・告別式は近親者で行った。お別れの会を9月22日に東京・六本木の俳優座劇場で開く。

次男で俳優の加藤頼の話「子供の頃から父が役作りをしている姿を見て育った。いつでも自分自身を厳しく律していた。加藤剛という役者に憧れ、多くの作品を共に過ごすことができ、とても幸せだった。(父は)「自分を育ててくれた俳優座は宝物だ」と言っていた。遺志を継ぐ意味でも、父が大事に思っていた劇団を、残された人間で活性化していきたい」

俳優山口崇の話「びっくりして気持ちの整理がつかない。学生劇団でも一緒で付き合いが長く、「大岡越前」のチームでは一番真面目。ごうちゃんと呼ばれて親しまれた。(大岡越前で共演した俳優の)竹脇無我もあいつも逝っちゃった。胸が痛いな」

俳優として共演歴のある森田健作千葉県知事の話「映画「砂の器」、テレビドラマ「大岡越前」でご一緒させていただきました。自分の俳優人生において、こんなに仕事もプライベートも誠実で真面目な人にお目にかかったことはございません。決しておごらず、常に優しく接してくださいました。大変お世話になりました。ありがとうございました」

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 加藤剛さん死去 大岡越前で共演の山口崇「竹脇無我もあいつも逝っちゃった。胸が痛いな」