2018.7.6 05:05(2/2ページ)

フジ新人アナ、浜ちゃんにしばかれた!杉原アナ何度も“洗礼”受けるも…収録後謝られ「ほれちゃいそう」

フジ新人アナ、浜ちゃんにしばかれた!杉原アナ何度も“洗礼”受けるも…収録後謝られ「ほれちゃいそう」

筑波大野球部で最速140キロ超えの投手だった大川アナ(中央)は投球フォームを披露してアピール

筑波大野球部で最速140キロ超えの投手だった大川アナ(中央)は投球フォームを披露してアピール【拡大】

 フジテレビアナウンサーの“金の卵”たちが、芸能界の大御所から洗礼を受けた。

 井上、杉原千尋(22)、今湊敬樹(22)、大川立樹(りき、23)の各アナは、「ダウンタウンなう」の人気企画「本音でハシゴ酒」にゲスト出演。ホスト役のダウンタウン、坂上忍(51)と酒を飲みながら語り合った。

 井上アナは青学大時代の2016年3月から1年間、日本テレビ系「NEWS ZERO」の気象キャスターを務めた経験があるが、いきなり自己紹介を言い間違える“NG”を出し、浜田から突っ込まれる羽目に。

 国立音大卒の杉原アナは、カトパンの愛称で同局の人気アナとなり、現在フリーで活躍する加藤綾子(33)の後輩。オペラ風の自己紹介でダウンタウンに挑んだ。

 早大出身の今湊アナは研究一筋のマジメな理系男子だが、最初の印象を覆す一発ギャグを披露。一方、筑波大野球部の投手だった大川アナは、体育会系らしくない細かい面を同僚から暴露されてピンチに陥った。

 収録を終えた井上アナは「いい思い出になった」と感想をもらし、何度も浜田から頭をたたかれた杉原アナは「収録後の『ごめんね』という一言にほれちゃいそう」と笑った。

 4人それぞれの違う魅力を引き出したのは、さすがダウンタウン。大御所の出演者さばきは、新人アナにとって忘れられない生授業になったに違いない。

  • 浜田(中央)から突っ込まれる杉原アナ(右から2人目)。新人アナ4人は大御所のトーク力を学び、今後の糧にする
  • フジテレビ系「ダウンタウンなう」。盛り上がる一同
  • フジテレビ系「ダウンタウンなう」。緊張するフジテレビ新人アナウンサー
  • フジテレビ系「ダウンタウンなう」。盛り上がる一同
  • フジテレビ系「ダウンタウンなう」。盛り上がる一同
  • フジテレビ系「ダウンタウンなう」。牧原アナ(右)の話に耳を傾ける新人アナ
  • フジテレビ系「ダウンタウンなう」。盛り上がる一同
  • フジテレビ系「ダウンタウンなう」。フジテレビ新人アナウンサーと牧原俊幸アナウンサー(中央)
  • 井上清華アナ
  • 杉原千尋アナ
  • 今湊敬樹アナ
  • 大川立樹アナ
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. フジ新人アナ、浜ちゃんにしばかれた!杉原アナ何度も“洗礼”受けるも…収録後謝られ「ほれちゃいそう」