2018.7.2 05:03

徳永えり“ツキ”回ってきた!デビュー15年目で連ドラ初主演

徳永えり“ツキ”回ってきた!デビュー15年目で連ドラ初主演

連続ドラマに初主演する徳永えり(C)新田 章/講談社(C)「恋のツキ」製作委員会

連続ドラマに初主演する徳永えり(C)新田 章/講談社(C)「恋のツキ」製作委員会【拡大】

 デビュー15年目の女優、徳永えり(30)がテレビ東京系「恋のツキ」(26日スタート、木曜深夜1・0)で連続ドラマに初主演することが1日、分かった。

 2006年の映画「フラガール」(李相日監督)などに出演し、3月まで放送されたNHK連続テレビ小説「わろてんか」で女中のトキ役を好演。17日スタートのフジテレビ系「健康で文化的な最低限度の生活」(火曜後9・0)にも出演し、7月期は連ドラ2作品に登場する。

 「恋のツキ」は「月刊モーニング two」(講談社)に連載中の同名漫画が原作で、徳永は交際4年の彼がいながら、高校生と浮気する31歳のフリーター、平ワコを演じる。

 「苦しくもヒリヒリと痛いその感情から逃げずに、自分自身を受け入れて、ありのままを芝居にさらけ出したい」と気合十分の徳永。11月30日からは米動画配信サービス・ネットフリックスで世界配信も決定し、「幸せを追い求めた先に何が待っているのか、見守っていただけたら幸いです」とアピールした。

  • 「恋のツキ」書影(C)新田章/講談社
  • 「恋のツキ」ワコ、イラスト(C)新田章/講談社
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 徳永えり“ツキ”回ってきた!デビュー15年目で連ドラ初主演