2018.6.28 17:13

朝夏まなと、宝塚退団後初“女優”「携帯にSuicaを入れています」

朝夏まなと、宝塚退団後初“女優”「携帯にSuicaを入れています」

宝塚退団後、初のミュージカル「マイ・フェア・レディ」の取材会に出席した朝夏まなと=大阪市北区

宝塚退団後、初のミュージカル「マイ・フェア・レディ」の取材会に出席した朝夏まなと=大阪市北区【拡大】

 元宝塚歌劇団宙組トップスター、朝夏まなと(33)が、退団後初出演のミュージカル「マイ・フェア・レディ」で主人公、イライザ役を務めることになり28日、大阪市内で取材会を行った。

 昨年11月19日で宝塚を退団。“女優”として初めての舞台に「イライザを演じさせていただき、光栄です」とあいさつ。「新しい一面をみなさんにお届けできるよう、いろんなことに挑戦したいです」と抱負を語った。

 イライザが花売り娘からレディ(淑女)へと成長する物語。「私も成長中。(男役として)16年やっていたので、無意識にやってることが『あ、これ男っぽいんだ』と発見があります」と、自身の成長も誓った。

 退団後は「ヨガや体を鍛えたり、お買い物も楽しい。ひとつひとつが新鮮」と新生活をエンジョイ中。「地下鉄に乗るのが楽しくて携帯にSuicaを入れています」と、意外な素顔も見せていた。

 同作は、1956年3月に米ニューヨークで初演され、トニー賞6部門を受賞したブロードウェーミュージカルの傑作。英ロンドンの下町の花売り娘が言語学者・ヒギンズ教授のレッスンで麗しい貴婦人に成長する姿を描く。イライザとヒギンズ教授はWキャストで、イライザは朝夏と神田沙也加(31)、ヒギンズ教授は寺脇康文(56)と別所哲也(52)が演じる。

 9月16日から東京・東急シアターオーブで開幕(30日まで)。福岡ほかの地方公演を経て、大阪公演は10月19日から21日まで大阪・梅田芸術劇場で。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 朝夏まなと、宝塚退団後初“女優”「携帯にSuicaを入れています」